1. 総合トップ
  2. >
  3. 病気・怪我・健康
  4. >
  5. 家族のピンチに母は戦う!きなさい、冬場の感染症諸君…!

家族のピンチに母は戦う!きなさい、冬場の感染症諸君…!

家族のピンチに母は戦う!きなさい、冬場の感染症諸君…!のタイトル画像

散々手を洗っても、家中を消毒しても、冬場に猛威をふるう感染症。
1人が感染したらそのまま家庭内ドミノが起きる憎いアイツと、ある母親の闘いの記録です。


私が何より憎いもの

私が憎んでいるもの。

夫のカバンの中の飲み残しのお茶のペットボトル。残量あと1㎝。

長男がそっと出してくる締め切りが3日過ぎた学校のプリント。

長女の連絡帳に書かれた「図工・綿。ガーゼ・空き箱、明日まで」の無茶振り。

そして何よりも、発熱する系のウイルス性疾患全般。


特に生後間もない時期に肺炎で一時結構危ない橋を渡り、1歳直前の突発疹の高熱で救急車に乗った事もある若干体の弱い次女を育ててもうすぐ3年。

ウイルスには、これまで散々酷い目に遭わされて来た。

医者でも研究者でもないけれど、私個人が人体に有害なウイルスをこの世から駆逐したい気持ちは日曜朝の戦闘ヒーローが世界の悪を滅ぼす気持ちより強い、多分。

家族のピンチに母は戦う!きなさい、冬場の感染症諸君…!の画像1
pixta_69058819

それでもアイツはやって来る

だからこそ、毎年、冬が佳境を迎える大寒の時期には必ず流行してしまうインフルエンザ、あの極小の悪魔に対して私は、家族全員にワクチンを接種することを忘れず、そして手洗いうがいを子ども達に徹底させ、掃除の際にはドアノブをアルコールで拭きまくるといういささか神経質すぎる位の防衛に努めてきた。

それなのに、罹患してしまうのはどうしてなの神様。

だけど罹患したとしてもワクチンを打っているお陰で症状の軽減ができていると信じている、信じているんだけれど、そこまでやっておいたのに我が子が発熱してこれはもしやと飛び込んだ小児科で

「ハイお母さん、陽性~」

と言われた瞬間の落胆と暗澹。

そしてその後即開始される家族間感染を防ぐその苦労。

例えば、我が家では今年の1月、長男長女の通う小学校でインフルエンザが大流行し、学校からのお知らせメールで今日はあの学年で学年閉鎖、明日はこのクラスが学級閉鎖という一報が舞い込んでいた。

そんな状況下、ほどなくしてそれは起きた。

「おやついらない」

いつもなら、お菓子が大好きで、あと1つ頂戴、もう1個食べたいなと言っては夕ご飯が入らなくなる程お菓子ばかり食べたがる長女が、大好きなシュークリームをいらないと言った。

ハイ熱、ハイ風邪。

こういう時、数年子育てを経験していると否が応でも「これヤバイやつ」という予感がしてそれが的中してしまう事ってないですか、私はあります、かなり嫌だけど。

それで慌てて夕方16時から午後診が開始される近所の小児科に、長女とそれから2歳になったばかりの次女を小脇に抱えて走った15時59分。

「今さっき発熱したなら検査してもちゃんとした結果出ないかもよ」

代診だという若い先生を、心配と焦りのあまり、ええから早いこと検査せえと恫喝したのは私です。先生ごめん。

でもこういう時、親はというか私は必死だ 。

インフルエンザなら悪化すると普段はとても健康な子だって重症化して入院とかそんな事態になる事もあるし、何より、ただの風邪かもと思ってとりあえずの風邪薬を処方してもらって帰宅したその後、結局熱が下がらずやっぱりインフルエンザでしたという話になる時の徒労を考えると、勝負は一発で決めたい。

そして頂きました、インフルエンザA型。

そうなるとごめん長女ちゃん、次女ちゃんから出来るだけ離れて。

ここから、数日の自宅隔離生活が始まる。

家族のピンチに母は戦う!きなさい、冬場の感染症諸君…!の画像2
pixta_47999419

子どもの隔離それは無理

我が家が20LDKくらいの豪邸だったらと思う。

特に、子どもが感染症になった時。

「長女チャン!アソボ!」という2語文を話すようになったこの頃の次女は長女が大好きで朝から晩まで顔を見れば付きまとい、四六時中くっついているという状態で、同じ空間にいてある程度の距離を保つと言う事なんか絶対できない。

しかし、当時も今も大して広くもない賃貸にキチキチな状態で家族5人暮らしている我が家は、子どもを隔離しておく余分な部屋が無い。

それで長女には申し訳ないのだけれど、その頃あまりにも手入れが悪くて「布団部屋」と呼ばれていた物置みたいな小さな洋間をほんのり片付けてそこに居てもらう事にした。

「次女ちゃんにうつしたら大変な事になるからごめんね」

とても寂しがりやな性格の長女を、可哀相だなあと思ったのをよく覚えている。

それでも当の長女は

「いいの、次女ちゃんにうつしたら可哀相だから」

と言って本当に健気で、私は長女と次女がもう少し大きくなってから、姉妹で喧嘩をするような事があれば、次女にこの日のお姉ちゃんの愛を語って旗色を悪くしてやろうと思っている。

それなのに次女は、長女のインフルエンザが確定したその翌日、金曜日なのに長女ちゃんが学校に行っていない気配を敏感に嗅ぎつけて家中を、と言っても狭い家なので、リビング、キッチン、和室、トイレ、お風呂…その程度の範囲ではあるけれど各居室のドアというドアを開けまくり

「長女チャーン!」

姉を探しに探し、いつもなら開け放ってある荒れ放題の小部屋のドアが怪しく締まっているのを見つけると、そのドアをバンバン叩き、いるんだろ!出てこい!と、そんな事は言わないけど、中の長女を呼び続けた。

安静とは。

そして、いくら個室に隔離といえども、トイレとか、食事とか、「気持ち悪いよう」と言われれば洗面器を持って私が現場に駆け込んだりもする訳で、その隙に次女も大好きな長女の枕元に滑り込んでニコニコと長女の顔を至近距離で覗き込んだりしいて、幼児のいる家で病人の完全隔離は本気で難しいと痛感した。

そして次女はその翌日高熱を出す、夕方に38.5 ℃。

ハイ家庭内感染。

この記事を書いた人
きなこの画像
きなこ

11歳ADHD・DCD男児、9歳ハイパーマイペース女児と
心臓疾患の2歳児の母をあまりがんばらないでやってます。

Twitter:日々の事と大体こどもの...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 病気・怪我・健康
  4. >
  5. 家族のピンチに母は戦う!きなさい、冬場の感染症諸君…!