愛しの我が子をやっと抱くことができた夕子。

次回、体力が戻らず、ふがいなさに涙がこみあげる。