初めて一人だけでみらいのお世話をして、少しだけ強くなれたと感じた朝一。

そのころ夕子は、亡き愛犬の夢を見ていました。