トイレもまともに行けないことに、衝撃を受ける朝一。

次回、みらいのお世話を通じて、自分は育児を“手伝っていた”だけなのだと痛感する。