お互いを思いやっているからこそ、時にはぶつかりあう。

それが親子なのかもしれない。

次回、サチの夫があるものを持って訪ねてくる。