1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 「ゲームに夢中」は不安になる?でも、それは家族の大きなチャンスかもしれない

「ゲームに夢中」は不安になる?でも、それは家族の大きなチャンスかもしれない

「ゲームに夢中」は不安になる?でも、それは家族の大きなチャンスかもしれないのタイトル画像

多くの親を悩ます「子どもとゲームの関係性」。
夫婦でマンガ家ユニットを組み、ゲームを題材にしたヒットマンガを多く制作されているうめ先生にゲームとの上手な向き合い方を伺いました。


自宅で過ごす時間が増え、子どもとゲームは今や切ってもきれない関係に。

それでもついゲームを長時間やっている子どもをみると「いつまでやっているの?」と声をかけたくなったり、「こんなにゲームばかりしていて大丈夫なのだろうか?」と、不安な気持ちがよぎる方もいるかもしれません。

多くの親を悩ます「子どもとゲームの付き合い方」。

今回は夫婦でマンガ家ユニットを組み、ゲームを題材にしたヒットマンガを多く制作されているうめ先生にお話を伺いました

親たちが抱くゲームへの不安の正体は一体何なのか?

気になる子どもとゲームへの向き合い方や育児観についてお話を聞いてみました。

*漫画家「うめ」 プロフィール*

「ゲームに夢中」は不安になる?でも、それは家族の大きなチャンスかもしれないの画像1

小沢さん(右)がシナリオの担当、妹尾さん(左)が作画を担当する漫画家ユニット。
現在連載中の『東京トイボクシーズ』では、e-sportsとそれにまつわる社会の軋轢と戦う主人公を描いている。ゲーム開発者について描いた『大東京トイボックス』は、2012年マンガ大賞で2位となり、ドラマ化もされ話題に。
現在12歳と9歳になる娘さん達が生まれた当初の2人の家事育児の奮闘を、パパママ両方の視点から描く育児漫画『ニブンノイクジ』はCakesにて人気連載中。

「ゲームやろう」僕からは誘わないと決めていた

―― 娘さんたちとは一緒によくゲームをされるんですか?

小沢:それこそ妹尾は、第一子の陣痛の合間にもゲームをやっていたくらいなんで、産まれる前から子ども達はゲームが家にある環境で育ったんです。
僕自身もゲームはよくやります。

妹尾:ちょうど「逆転裁判」にはまっていた時期で、陣痛中でもやめられなかったんです。笑

上の娘は今、「ゼルダの伝説」シリーズにはまっているんですけど、娘が夢中になっているのを見て私もやることにしました。
「ここまでクリアした!」と娘に報告すると、「かーたん、頑張ったね!」とほめられます。

ゲームを通して完全に友達みたいになってますね。同じ話題があるのは、単純に楽しいです。

―― お子さん達がゲームをやり始めたきっかけは?

小沢:今、子ども達は12歳と9歳ですが、初めてやったのは3歳くらいからかな。Wii Uからはじめました。

親がゲームをしているのを見て、子どもから「やりたい」といってきたんです。「じゃ、やってみる?」という感じでした。


でも、実はこの始め方にはこだわりがあって、僕から「ゲームをやろう」と誘うことは絶対しないでおこうと決めていたんです。

「ゲームに夢中」は不安になる?でも、それは家族の大きなチャンスかもしれないの画像2
この記事を書いた人
Conobieスペシャルインタビューの画像
Conobieスペシャルインタビュー

コノビー世代が気になるあの人に、子育てや日々の思いなどをインタビューするスペシャル企画です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 「ゲームに夢中」は不安になる?でも、それは家族の大きなチャンスかもしれない