1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 形だけの「ゴメンね・もういいよ」にモヤッ。許さない自由について考えてみた

形だけの「ゴメンね・もういいよ」にモヤッ。許さない自由について考えてみた

形だけの「ゴメンね・もういいよ」にモヤッ。許さない自由について考えてみたのタイトル画像

子育てをするようになって「ごめんなさい」と「もういいよ」を
当たり前のようにセットにしている光景に違和感がありました。

それは私が昔、経験したいじめの経験からでした。

形だけの「ゴメンね・もういいよ」にモヤッ。許さない自由について考えてみたの画像1
形だけの「ゴメンね・もういいよ」にモヤッ。許さない自由について考えてみたの画像2

いじめで不登校寸前まで追い詰められた過去

形だけの「ゴメンね・もういいよ」にモヤッ。許さない自由について考えてみたの画像3
形だけの「ゴメンね・もういいよ」にモヤッ。許さない自由について考えてみたの画像4


実際に私が受けたいじめは、好きな子にいじわるした、という程度のものには感じられませんでした。

好きだから構って欲しくていじめたのは本当だったのかもしれませんが、階段から突き落とされたり、生傷が絶えなかった小学生の頃を思い出すと今でも胸が苦しくなるほどで、やはり相手を簡単に許すことは出来ないとその時、思いました。



ところが、相手を許せない……と感じたことで、長年私の心に中にあった絡まった気持ちが、不思議とすっきりしていったのです。

実は、半年以上続いたいじめのきっかけは、友だちが泣かされたのを止めに入ったことでした。



「私は間違ったことはしていないのだ」と当時を振りかえり思ったことで、「誰かを憎んで許せない自分」を受け入れることができたのだと思います。

私のこの経験は、誰もが日常の生活で出会うものではないかもしれません。


でも「許すこと」「許さないこと」を考えた時、簡単に「許すこと」が良しとされるものにも違和感があります。

どちらを選ぶことができる。

それを決められるのは、誰でもない、自分だけなのだと私はいじめられた経験から感じています。


「もういいよ」の意味を考える。

この記事を書いた人
ゆたかちひろの画像
ゆたかちひろ

3児の母で、漫画家・イラストレーターやってます
育児で疲れてるときでもクスッと笑って貰える
漫画が描けたらと思って、育児漫画描いてます。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 形だけの「ゴメンね・もういいよ」にモヤッ。許さない自由について考えてみた