1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 園では食べるのに、家では超偏食…保育士さんテクを試してみた!

園では食べるのに、家では超偏食…保育士さんテクを試してみた!

園では食べるのに、家では超偏食…保育士さんテクを試してみた!のタイトル画像

知らないおかずにはなかなか箸をつけない…。
悩めるパパやママが参考にできそうなアドバイスを、保育のプロである現役の保育士さんたちにアンケートできいてみました!

おかずに興味ナシ!だったけど…

園では食べるのに、家では超偏食…保育士さんテクを試してみた!の画像1
園では食べるのに、家では超偏食…保育士さんテクを試してみた!の画像2
園では食べるのに、家では超偏食…保育士さんテクを試してみた!の画像3
園では食べるのに、家では超偏食…保育士さんテクを試してみた!の画像4

Q.保育士さん教えて!「子ども(3歳以上)の食が進まないときの声かけ、パパやママが参考にできそう」なことは?


保育園では残さずよく食べるらしいのに、おうちでは偏食…。

周囲のパパやママからよく聞かれるお悩みの1つです。

保育園の先生は普段の給食時、どんなことに気を付けてるのでしょうか。


現役保育士さん約40名にアンケートで聞いてみた結果、こんな回答が。

「食卓は楽しい時間と、子どもが思えることが大切。

まずは保護者が美味しそうに食べている姿を見せるようにしてください。

次に、例えば『これは、もちもちしてるけど、これはシャキシャキしてるよ』などと話をすると良いです。

『どんな味がするのかな』と子どもが興味を持てる言葉をかけ、自ら食べたくなるような雰囲気づくりをしてみてください。」


確かに、大人がおいしそう~に食べていると、ちょっと食べたくなってくるかも!

「楽しく」「一緒に」食卓を囲むことで、パパやママも笑顔になれます。

もしかしたら、それでも食べないことがあるでしょう。

「子どもが食事に興味をもってくれたらラッキー」くらいのスタンスだと気持ちが楽です。



無理して食べる必要はない


アンケートでは、他にもこんなアドバイスがありました。

「信頼している大人や友だちの「おいしい!」という経験を一緒に行う。」

「大人が美味しそうに食べている姿を見せて食事を一緒に楽しんでください。

そこから興味を持ってひとくちでも食べるようになったら大いに褒めて、食べられたことを一緒に喜んでいくようにしてください。」


「無理に苦手な物は食べる必要は無い」という回答も複数ありました。

おうちでも食事をバランスよく食べてほしい…!と、ついつい焦ってしまいますが、子どものペースや気持ちも大事にしたいものです。


「楽しく、無理せず食べる」ことで、子どもにとって食事が楽しい時間になっていくと良いですね。


アンケート調査協力:株式会社グローバルキッズ

イラスト:こちょれーと


(編集:コノビー編集部 大塚)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 園では食べるのに、家では超偏食…保育士さんテクを試してみた!