1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. なかなか食べん(涙)!現役保育士さん直伝の「声かけ」を試すと…?

なかなか食べん(涙)!現役保育士さん直伝の「声かけ」を試すと…?

なかなか食べん(涙)!現役保育士さん直伝の「声かけ」を試すと…?のタイトル画像

保育園ではよく食べるらしいのに、おうちでは食の進みがゆっくり…。
悩めるパパやママが参考にできそうなアドバイスを、保育のプロである現役の保育士さんたちにアンケートできいてみました!

くっ!またか…!

なかなか食べん(涙)!現役保育士さん直伝の「声かけ」を試すと…?の画像1
なかなか食べん(涙)!現役保育士さん直伝の「声かけ」を試すと…?の画像2
なかなか食べん(涙)!現役保育士さん直伝の「声かけ」を試すと…?の画像3
なかなか食べん(涙)!現役保育士さん直伝の「声かけ」を試すと…?の画像4

Q.保育士さん教えて!「子ども(3歳以上)の食が進まないときの声かけ、パパやママが参考にできそう」なことは?


現役保育士さん約40名にアンケートで聞いてみた結果、こんな回答が。

「その食べ物を食べることでどんな効果があるか「にんじんを食べるとお肌がつやつやになるよー」など、で食べることができたらそれに結びつけて褒めていきます。」

お子さんが「いい効果があるならがんばって食べてみようかな?」とチャレンジするきっかけになるかもしれません。

「(夏だったら)、これを食べたら夏バテ防止になる!」

「みんなのエネルギーになって、強い身体ができるから食べてみよう!」等、保育士さんも声かけのバリエーションを工夫しているようですよ。


ひとくちだけでも、達成感を持てるように


アンケートでは、他にもこんなアドバイスもありました。

「食べ物の効果を伝え、ひとくちでもいいからこれ食べて元気に過ごそう!等と言うとひとくち食べてくれることが多いです。」

「少しでも食べられたらたくさん褒めてあげましょう。」

「盛り付けを少量にしてピカピカになったねと、ひとくちでも食べられた達成感を味わえるように配慮しています。」

ひとくちでも食べられたら、子どもには達成感を味わってもらえると良いですね。

ひとつ気を付けたいのは、お子さんが「褒められるために食べなくちゃ」にならないようにすることだそうです。

食事の時間は、「楽しく」「お子さんが"食べてみよう"と思う気持ち」がポイントなのですね。

ぜひ参考にしてみてください。


アンケート調査協力:株式会社グローバルキッズ

イラスト:こちょれーと


(編集:コノビー編集部 大塚)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. なかなか食べん(涙)!現役保育士さん直伝の「声かけ」を試すと…?