はじめての2語文は、ちょっと変。それでも愛しくて、何度だって聞きたくて。のタイトル画像
公開 2020年10月23日  

はじめての2語文は、ちょっと変。それでも愛しくて、何度だって聞きたくて。

32,276 View

「ママ」「パパ」の次の言葉がなかなか出ない~!待ちわびた次の一言は衝撃でした。


>シリーズの最初から読む


こんにちは、ミューです。

1歳の息子は、まだまだおしゃべりが達者ではありません。

なかなか「ママ」「パパ」以外の語彙が増えず……。

私自身大雑把であまり気にしない質ではありますが、それでも子どもが言葉で伝えてくれる日が待ち遠しく感じることがあります。


はじめての2語文は、ちょっと変。それでも愛しくて、何度だって聞きたくて。の画像1
はじめての2語文は、ちょっと変。それでも愛しくて、何度だって聞きたくて。の画像2
はじめての2語文は、ちょっと変。それでも愛しくて、何度だって聞きたくて。の画像3
はじめての2語文は、ちょっと変。それでも愛しくて、何度だって聞きたくて。の画像4


ママ、パパの次の言葉は、まさかの


「あーあ、おちちゃった」


驚きましたが、それより、1歳児の「ちちゃった」の発音、可愛すぎます。


はじめての2語文は、ちょっと変。それでも愛しくて、何度だって聞きたくて。の画像5
はじめての2語文は、ちょっと変。それでも愛しくて、何度だって聞きたくて。の画像6
はじめての2語文は、ちょっと変。それでも愛しくて、何度だって聞きたくて。の画像7


「あーあ、おちちゃった」

って、確かに少し後ろ向きな意味合いの言葉なので、保育園の先生はそこを気にしてくださったようで、気を遣わせてしまって申し訳なかったです。

お返事をいただいてはじめて気がつき、『たしかに後ろ向きな意味合いの言葉は言わないほうが良いのかもなあ』と思いつつも、可愛すぎてついつい言わせてしまいます。


そういう子どもの言葉、みなさんはありませんか??


※ この記事は2024年03月26日に再公開された記事です。

Share!

大事なキミと、出会う日々のタイトル画像
大事なキミと、出会う日々 #3
ミューのタイトル画像 ミュー