1. >
  2. >
  3. >
  4. 疲れてイライラしちゃうママへ。子育て中に息抜きする3つのコツ

疲れてイライラしちゃうママへ。子育て中に息抜きする3つのコツ

疲れてイライラしちゃうママへ。子育て中に息抜きする3つのコツのタイトル画像

ほとんどのママが、定休日のない子育ての毎日に、育児疲れを感じているのではないでしょうか。そんなとき、ちょっとでも息抜きができたら良いですよね。そこで、少しでも気持がらくになるよう、息抜きのコツをお伝えします。

出典:http://blog.novakdjokovicfoundation.org/parenting-tips/how-to-raise-your-own-royal-baby/
emaのアイコン ema

もしかしたら、育児疲れかもしれません

「なんだか毎日が疲れる…」
「つい、イライラして子どもを怒鳴ってしまう」

そんなことはありませんか?

赤ちゃんがお腹の中に来てくれたその日から、ママはいろいろな不安も抱え始めます。そして、無事に生まれて子育てが始まると、また違う不安が次々と湧いてきてしまいます。

子育ては育児書や専門家や先輩ママの話と同じようには進みません。上手く行かないことの方が多いかもしれません。
毎日が手探りです。

そんな毎日の中で、うまく眠れない、ぼーっとしてしまう、意味もないのにイライラしてしまう、子どもが本当にかわいいのか、わからなくなってしまう、など感じることがあれば、少し育児に疲れているサインだと言えるのかもしれません。

①頑張っている自分を褒めて、リフレッシュが大事!

朝から晩まで、寝ている間でさえ、どこか気持が張り詰めてしまっていませんか。毎日の育児の大変さでいっぱいいっぱいになっていませんか。

そんな時まずは、分からないことだらけの育児を頑張っている自分を、自分で褒めてあげてご褒美をあげましょう。

例えば、子どものお昼寝の時間に一緒に眠ってみても良いですね。または、その時間を自分のために使ってみましょう。
手軽にできるフェイスパックをしてみたり、おいしいスイーツを食べたりするのもオススメです。

②声に出して発散する時間をつくってみましょう

子育ての真っ最中は、意外にもしっかりと声を出している時間が少なくなっています。そこで思い切り声が出せる時間をつくってみましょう。

同じように、子育て中のママ友とおしゃべりの時間を持つこともいいと思います。
気持を共有し合えることはもちろん、発声することで体の緊張がとけてスッキリします。

また、「声を出す」と言えば、カラオケ!実は、けっこう息抜きになるんです。
子どもを預かってもらえる先があれば数時間お願いし、預け先がない時はキッズルームがあるカラオケ店を探してみると良いでしょう。

まずはストレス発散方法として、「声を出してみること」がポイントです。

③遠慮なく、周りの助けを借りましょう

一人の時間を持つことは数時間であっても息抜きになります。そういうときは遠慮なくパパやご両親に相談し助けを借りましょう。

もし子どもをパパやご両親に預けることができないというときは、自治体などが開いている子育て広場を積極的に利用するのもいいですね。一時預かりをしてくれたり、保育士に話しを聞くこともできます。

子どもを預けたら、ショッピング、喫茶店でお茶、美容院など普段できていないことを楽しみ、外の空気を思い切り吸い込みましょう。アロママッサージに行くのも良いですね。

一人の時間を誰にも遠慮なく満喫することができれば、気持もリフレッシュできます。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ストレス解消・リフレッシュ方法 子育て・育児

この記事を書いた人

ema

こんにちは、emaです。
娘とむぎゅ〜〜する時間が至福の時です。
何歳になってもむぎゅ〜〜できるような親子でいたいと思います。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 疲れてイライラしちゃうママへ。子育て中に息抜きする3つのコツ