1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. ママファッションにも取り入れやすい!子どもと小物をシェアする楽しみ方

ママファッションにも取り入れやすい!子どもと小物をシェアする楽しみ方

ママファッションにも取り入れやすい!子どもと小物をシェアする楽しみ方のタイトル画像

最近のファッションがなんとなくマンネリ気味。手持ちの洋服は何となく飽きちゃったけど、そんなにすぐ新しい洋服買えないし…というママへ。ワンポイントになる小物を家族で共有する、というのはいかがですか?実際に私が行なっている、ママファッションへの取り入れ方をお伝えします!

小物をシェアする!

ママファッションにも取り入れやすい!子どもと小物をシェアする楽しみ方の画像1

小物は意外にお子さんと共有できます!斜め掛けできるショルダーバッグは、公園で遊ぶ時のママの貴重品入れに。お子さんが使っているプチバッグは、大きなマザーズバッグの中の小物を整理するバッグインバッグとして。お出かけする際のおもちゃをまとめたり、離乳食やお菓子を入れたり、これからの季節はお着替え服を入れておいたりもできますね。



写真は、うちの子どもたちのバッグです。右端のムーミンのバッグはお土産で頂いたもので、子どものエプロンとセットになっていました。近所にお買い物に行くときに、携帯やお財布を入れるとちょうどいいくらいの大きさのものです。たまに「ママ借りてもいい?」って言ってきますよ。



あとの2つはショルダータイプで、アウトドア系のショップで購入しました。アウトドア系は男女問わず共有しやすい気がしますね。

両手が空くリュックはママも子どももラクラク!

ママファッションにも取り入れやすい!子どもと小物をシェアする楽しみ方の画像2

こちらはMILLET(ミレー)というフランスのアウトドアメーカーのリュックサック。こちらはPRALO14というタイプ(ちょっと昔のものなのでデザインが今と少し変わっています)のもので、上下にポケットがついていたり、サイドには500mlのペットボトルも入ります。ママでも持てますし、小さなお子さんでも背負える大きさで、我が家は子どもがかなり小さな時から重宝しています!

MILLET PRALO14

ママファッションにも取り入れやすい!子どもと小物をシェアする楽しみ方の画像3

カラーバリエーションも豊富なので、色選びに迷いますが、何にでも合わせやすいベーシックな色味だけでなく、コーデのポイントになるような色味もおススメです。サイズ違いをご家族で、また色違いをご兄弟で、などもいいかもしれません。これからの季節、お出かけにリュックは両手が空くので何かと便利!また小学校の遠足等でも使えますので、かなり長く使えますよ。

「ママのもの」を使える楽しみ

ママファッションにも取り入れやすい!子どもと小物をシェアする楽しみ方の画像4

うちの子が斜め掛けしている赤いバッグは、キャンバストートバッグで有名なアメリカ製帆布ブランド、PARROT CANVAS(パロットキャンバス)。「MADE IN USA」にこだわり続け、コットンキャンバスの他にバリスティックナイロン(通常のナイロンの5倍の強度を持つといわれています)、コーデュラナイロン(7倍)、セイルクロス(ヨットの帆に使用)など、生地展開も多岐にわたります。



写真のバッグはファニーパックと呼ばれるもので、いわゆるウエストポーチ。もともとは私が使っていましたが、最近は娘が「借りてもいい?」と言ってくるようになりました。娘のように斜め掛けして持つことが多いですね。ウエストポーチとして使うことはあまりありません。



こちらのPARROT CANVASのトートバッグもとても丈夫で、しかもタグのオウムがまたかわいいので、ママバッグとしてもおススメです。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

よしなみりか

パーソナルコーディネーター®認定インストラクター。育児に追われ、時間に追われているママにも楽しめる、着こなしや着まわし、ワードローブのつくり方があると感じ、ママ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. ママファッションにも取り入れやすい!子どもと小物をシェアする楽しみ方