1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの紫外線対策に!「眼」を守る、子ども用サングラスとは?

子どもの紫外線対策に!「眼」を守る、子ども用サングラスとは?

子どもの紫外線対策に!「眼」を守る、子ども用サングラスとは?のタイトル画像

紫外線が気になる季節になりましたが、お子さんの紫外線対策は何をしていますか?帽子などで対策はしていても、意外に対策ができていないのが「眼」のケア。子どもの目のケアについて、実態と対策をご紹介します。

出典:https://www.flickr.com/photo.gne?id=16998988934

紫外線が気になる季節になってきましたね。子どもの紫外線対策といえば、「肌」を守ることが一般的ですが、実は「眼」を守ることも大切と言われていることをご存知でしょうか。



お子さんの眼に対する紫外線対策について、どのくらい意識しているか?サラウンドが1,000人のママを対象とした調査によれば、76%の母親が「子供の眼を紫外線から守る重要性」を認識しているにも関わらず、ほとんどの母親が、紫外線から子どもの眼を守る対策は未経験であることが明らかになったそう。ではいったい、どんな対策をするのが効果的なのでしょうか・・・。

子どもの紫外線ケア、帽子の着用は浸透しているけれど・・・

同調査では、現在実施している子どもの紫外線ケアで最も多いものとして、「外出時の帽子着用」が挙げられ、57%の母親が実施していました。ですが、「UVカットサングラス等の装着」は、86%の母親が未経験であることがわかっています。確かに、外遊びをするキッズにサングラスの着用をさせるのは、ちょっと抵抗があるママも多いのかもしれません。

WHOが提唱する子どもの紫外線リスク

WHO(世界保健機関)が提唱する「紫外線が眼の健康に及ぼす影響」によれば、白内障による失明者のうち、およそ20%は紫外線によると考えられていて、18歳未満までに大量の紫外線を浴びることが後年の眼のダメージ(とくに白内障)発症のリスクを高めることが判明しているそう!



紫外線がキッズの眼に与えている悪影響は、思っているよりも深刻であることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

子ども用のサングラスもあるって知ってた?

最近では、子ども用のサングラスも発売されていて、安全性や耐久性などに配慮されているものも登場しているよう。もちろん、帽子の着用も1つの方法ではありますが、環境庁の紫外線保護マニュアルによると、帽子による紫外線の減少率は約20%程度なのに対し、サングラスの場合は約90%減少できると言われているのだとか。お子さんの将来の健康リスクを軽減するためにも、ママとしては様々な対策を検討してみた方がよいかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか?サングラスというと、ちょっとキザっぽい印象もありますし、抵抗の多いママも多いかもしれませんが、帽子だけではどうしてもケアが不十分になってしまう可能性もあります。



顔になにかを着用するのを極端に嫌がるキッズもいらっしゃるとは思いますが、紫外線対策の選択肢のひとつとして帽子+サングラスで外遊びするというのも1つの方法かもしれませんね。

参考・「子供の紫外線ケア」に関するアンケート調査 サラウンド株式会社

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 健康管理

この記事を書いた人

マリモ・ラン

女性向け媒体で数多くコラムを執筆するライター。主な執筆分野は人間関係・恋愛・食品・美容・マネー管理など。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの紫外線対策に!「眼」を守る、子ども用サングラスとは?