1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもが生まれて、大きく変わること ~我が家の朝は、日々の効率化がポイント!~

子どもが生まれて、大きく変わること ~我が家の朝は、日々の効率化がポイント!~

子どもが生まれて、大きく変わること ~我が家の朝は、日々の効率化がポイント!~のタイトル画像

子どもが生まれると、大きく変わるのは「起きる時間、寝る時間」。今回は、日々の効率化がものを言う、我が家流、朝スタイルをご紹介します!

子どもが生まれて大きく変わること。

それは起きる時間と寝る時間。



もちろん、子どもが新生児の間は「そもそも寝る時間が短い」ということはありますが、新生児の時期が終わり、夜泣きの時期が過ぎたとしても、生活の時間帯は圧倒的に朝型になるご家庭が多いように思います。

子どもが生まれて、大きく変わること ~我が家の朝は、日々の効率化がポイント!~の画像1

育児書にもよく見かけませんか?



「子どもには早寝早起きを」



それを実行するためには、親はもっと早く起きなければいけないので、親ももちろん早寝早起きが基本スタイルになってきます。

我が家の朝は、日々の効率化がポイント!

我が家の朝スタイルを紹介します。



朝は5時半~6時くらいに起床します。私とパパはほぼ同時に起床。

起床すると、まずパパは、寝る前に干しておいた洗濯物を取り込んで片づける作業に入ります。



我が家はご存知の通り、共働きなので家事は効率化が前提です。ここでちょっと我が家流、家事効率化のポイントもお伝えします!



洗濯は、乾燥機に入れるのがNGな衣服数点のみを浴室乾燥でバスルームに干し、残りはすべて乾燥機に。ちなみに、子どもや大人の下着、またパジャマやTシャツなどは縮むことを前提に一回り大きなサイズの服を購入しているため、洗濯機の乾燥で回してしまいます。



ポイントは、すべての洗濯物を洗濯機とバスルームで乾燥するため、天候に左右されることなく、毎日洗濯できるということ!これをすることで、無駄に洋服の洗い替えを買わなくていいので楽ちんです。



また、その後の洗濯物をしまうのも面倒な家事の一つ・・・。



そこで、洗面所の引き出しはすべてタオルや下着を収納しています。こうすることで、洗濯機の乾燥機から取り出した洗濯物をそのままその場所に区分けてしまうことができるので、別の部屋に持っていく手間が省けます。



子どもたちの衣服などは大きなカゴを用意しているので、そこにポイポイ放り込むだけ。上の子は3歳をすぎているので、「ここは自分のカゴで靴下やパジャマや下着が入っているよ」と教えておけば、自分で取って着ています。



効率化をしながら、子どもの主体性を育めるのもポイントです!

子どもが生まれて、大きく変わること ~我が家の朝は、日々の効率化がポイント!~の画像2

我が家は3歳といえども「自分でできることは自分でやる」スタイル。



そしてパパに担当してもらう家事は相談しながら、パパがやりやすいように、すべてにおいて家事の効率化をしていきます。



そして私はというと、子ども二人分のお弁当作りからスタート。



1週間分の献立は週末に考え、食材をある程度仕込んでおきます。朝食、子どもたちのお弁当、夕ご飯、と3食×1週間分なので、かなり手間がかかります。買い物も1週間に一度にまとめて買い物するので、買い物中に旬の食材や安売りの食材を見て献立を決めていきます。

子どもが生まれて、大きく変わること ~我が家の朝は、日々の効率化がポイント!~の画像3

朝食は、上の子はフルーツとパン、下の子はおにぎりとお味噌汁、パパと私もパンとコーヒー、というようにカタチがだいたい決まっているので、それに合わせて5日分のメニューを検討。



お弁当はおかずが2品から3品に加え、メイン+副菜と決めているので、そのバリエーションを考えて買い物をします。次に、夕飯は魚料理を2回、肉料理を2回、パスタやカレー、冷やし中華などの麺類・主食一品料理を1回、と決めて、それに合わせた調理方法でバリエーションを考えます。



ちなみに、週末の仕込みは、大体6~7品と月曜日の夕飯分を1~4時間ほどかけて作っています。(冷凍品の残りが多い週は仕込みを減らします)



平日の朝は、それを解凍したり、その場で簡単に調理できるものを作ったりしながらお弁当を準備し、朝食も用意し、さらに同じタイミングで夕食も作ります。

子どもが生まれて、大きく変わること ~我が家の朝は、日々の効率化がポイント!~の画像4

つまり、1日分の食事をほぼ朝の1時間半くらいで作ります。



たまに、足りなかったり、疲れたりした時は、手抜きでお総菜を買ってくることもあります。

ただ、子どものお弁当に市販の冷凍食品をあまり入れたくないという思いがあり、また市販の冷凍食品のおかずと同じものを家で作って冷凍しても同じでは?と、週末に仕込み、冷凍して、平日は手間が省けるようにしています。



また、パパが飲み会の日は思い切って色々なものをテイクアウトして楽しんだりもしています。子どもたちがもう少し大きくなったらパパがいない日は3人で外食とかできたらいいなー♪と夢見ていますが、まだまだ1歳と3歳の子どもたちでは遠い未来の話です・・・。



私の食事作りの方がパパの洗濯物の作業よりも長引くため、朝、子どもたちを起こして着替えさせるのはパパの仕事になっています。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

夫婦・家族

この記事を書いた人

村岡 弘子 [Conobie編集部]

Conobie編集部の村岡です。前職DeNAでモバオク・モバゲーのなど数多くのWebサービスのマーケティング・編集の統括を経験、フリーランスを経て、2014年1...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもが生まれて、大きく変わること ~我が家の朝は、日々の効率化がポイント!~