1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもの食べムラについて、めげずに考察してみた。結果、楽になった自分がいた。

子どもの食べムラについて、めげずに考察してみた。結果、楽になった自分がいた。

子どもの食べムラについて、めげずに考察してみた。結果、楽になった自分がいた。のタイトル画像

好ききらいだの、食べムラだのって、ホント親の手の届く範疇の、ずっと外側で起きてることだと思ってる。

今日も元気に生きてるんだから、もうそれで。


夫の最も愛すべき点は、とにかくなんでもおいしく食べるところ、だと思っている。

付き合いだしてから数えると、夫と食事を共にして、もう15年以上になる。

この15年間、夫は私の出した料理に対して、苦い言葉を一切言ったことがない。

9割9分くらいで「おいしい」と褒めてくれる。

だけれど、そうかおいしいのか、とほくほくして私がひとくち口に運んで、ぎょっとしたことは何度だってある。

味付けが濃かったり、極端に薄かったりして、そのたび「濃くない!?」、「薄くない!?」と確認するのだけど、濃ければ「ごはんが進むよ」と言うし、薄ければ「野菜の味がよく分かるよ」と笑顔を添えて言ってくれる。そういう人なのだ。



夫はそもそも食べることが大好きで、食べ物を口に運んで嚥下する、という動作そのものが、好きなんだと思う。

私の料理であろうと、実家の料理であろうと、市販のお弁当であろうと、彼が積極的にお残しをしているところを、見たことがない。

彼にとって、たいていの食べ物はおいしいのだ。

そして、それは見事に長女に遺伝したらしい。

長女は、離乳食が始まったその時からなんでも食べた。

手づかみ食べができるようになったころには、振り返れば野菜室から盗んだトマトを両手に持って、ほおばっていた、なんてこともあった。

8歳になった今も、常に食べたことがないものを追い求めているし、口を開けば、なにかしらを食べたいと言っている。

そして、彼女もまた、だいたいの食べ物に肯定的である。

彼女が今まで食べ物に対して、「まずい」とか、「きらい」とか、を言っているのを聞いたことがない。

一度だけそれらしい言葉を言ったことがあるのだけど、その言葉がまさかの「ちょっと○○(長女の名前)には合わない…」だった。

たしか、3歳くらいのときだったと思う。

食べ物へ対する、強いリスペクトを感じた出来事だった。

そして、長らく私は、それらは夫の食べ物に対する、ポジティブな姿勢が、大いに影響しているんだと思い込んでいた。

つまり、遺伝的な要素もあるかもしれないけれど、ひょっとして食育らしきものがうまくいっているのではと、傲慢にも思い込んでいた。


というのも、私自身、料理を作るのが、どちらかと言うと好きなのだ。

作りたくないなぁ、と思う日も当然あるのだけど、野菜を延々と切るのも、コトコト煮込むのも、強火でじゃじゃっと炒めるのも、安定的に好きだ。

若いころには、料理に関する資格を取得したこともある。

だから、つくるのが好きな私と、食べるのが好きな夫だもの、向かう先は何でもおいしく食べる子ども、だと疑いもせず思っていた。



ところが、その思い込みは長男によって、あっけなく打ち砕かれることになる。

彼が3歳くらいだったろうか。

「これ食べたくない!」、「これいらない」、「今日はぜんぶいやだ」。

今まで、夫や長女からは、肯定的な言葉しか受けたことがないんだから、こんなのほとんど罵詈雑言だ。

押したって、引いたって、説いたって、何をしたって、気に入らない食卓であれば言うのだから、げんなりしてしまう。

そんな悲しい言葉を言われるために、食事をつくっているわけではもちろんないし、いつだって、よかれと思って食事を提供している。

だのに、その言葉、コミュニケーションとして、そもそもどうなの、と思う。思うし伝えもした。

のだけど、彼の面倒な性分はなかなか変わらない。

ひと口食べて「やっぱりおいしい」なんてことも、しょっちゅうだから、言いたいだけなのかもしれないけれど。



さて、我が家にはもうひとり子どもがいる。

3歳の次女。

この子はどうだろうと、ふたを開けてみれば、激しい好き嫌いこそないけれど、やっぱり「これいらない」と言ったりする。

緑色のお野菜なんて、その姿が見えたら、お皿によそう段でもう「末っ子これいらない!いれないで!」と、自分のお皿に手で蓋をする。


こうなると、向かう先にあるのは「達観」のみだ。

提供する4人のうち、ふたり、つまり半分がそういう態度なわけだから、いちいち傷ついているわけにもいかない。

そうですねぇ、好みは人それぞれですもんねぇ、と凪いだ気持ちで受け止める。

どの子も食欲が旺盛なのは同じなんだけれど、下のふたりに関してはそれなりの好き嫌いがあるらしい。


3人とも、同じように離乳食をつくって食べさせて、いつの間にか完了して、いつの間にか自分で食べるようになった。

手順はそれぞれ、ほとんど同じだし、同じ親のつくる料理を食べて、同じ親と一緒に食べている。

私は気分のむらこそあれ、料理をつくることに積極的な方で、夫は食べるのが好きだ。

だけれど、うまくいかないことって、どうやらある。

つまり、つまり、それってやっぱり、親の影響云々の、外側の話なんだと思うことにしている。

でないと、それなりに頑張って食卓を維持しているつもりなのに、時々ふとダメージを受けてしまう。

そうあれは、忘れたころにやってくる、園や学校からのお便りに踊り出す「食育」の文字。

大切なことが書いてあるのは、重々承知なんだけれど、「まごはやさしい」とか、「もっと魚をたべよう」とか、罪悪感を感じるに十分な文言が並んでいたりする。

「工夫して取り入れよう!」なんて書かれようもんなら、ぎゃあごめんなさい、である。

工夫が足りないばっかりに、魚はお残しするのに、餃子を吸い込むような食べムラを、発生させているのかもしれません、としゅんとしてしまう。



だって、餃子はどうしたっておいしいし、お魚は骨があったり難儀なことも多いし、好みが分かれるんだから仕方がないのだ。

毎日のことで、我が身に負荷をかけ出したら、きりがない。

善処した結果がこれなので、当分今のスタンスでやりますよ、と背中を正す。

まごのことも魚のことも、気にはなるけど、気になる程度にとどめておく。


苦手なものがあってもいいじゃない。

食べない日があってもいいじゃない。

だって善処したのに、これだもの。

そんなことを思いながら、今日も明日も、工夫や努力の外側で、嫌いと言われる予定のナスを焼いたり、いらないと言われる予定のおひたしをつくったり、そして、吸い込まれる予定の、唐揚げとか餃子をつくる。

「これいやだ」も「これだいすき」も、等しく彼らの率直な感想だと思えばいいんだし。

彼らは、彼らのおいしいを探す旅の途中だから。

なんでも「おいしい!」と絶賛する夫の前で、嫌いを主張できる彼らって、なんだかいっそ逞しいよね、と思うことにしている。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像
ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。
おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもの食べムラについて、めげずに考察してみた。結果、楽になった自分がいた。