1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 幼少期の苦い思い出から、楽しい食卓にこだわる私。母と話して知った新事実は…?

幼少期の苦い思い出から、楽しい食卓にこだわる私。母と話して知った新事実は…?

幼少期の苦い思い出から、楽しい食卓にこだわる私。母と話して知った新事実は…?のタイトル画像

子ども達との食事の時間を「楽しいものにしたい」という強い思い入れがある私。それは、自分自身の幼少期の苦い思い出が原因でした。


先日の朝食時、家族みんなでホットケーキを焼いて美味しく食べました。

上手に生地を混ぜる3歳の息子。

わざとハチミツをかけすぎる2歳の娘。

2人の様子を眺めながら幸せを感じたひと時でした。


実は、私には子ども達との食事の時間を「楽しいものにしたい!」という強い思い入れがあります。


それは、自分自身の幼少期の苦い思い出が原因でした。


幼少期の苦い思い出から、楽しい食卓にこだわる私。母と話して知った新事実は…?の画像1
pixta_62134780_M

食事の時間が憂鬱だった子ども時代


私の父親は典型的な亭主関白。

わが家のルールはすべて父親が決めており、そこからズレたら必ず怒られました。

そんな父親はしつけにも厳しく、特に食事に関してはかなり細かくルールがありました。

例えば、食べこぼしは「行儀が悪い!」と叱られ、好き嫌いは決して許されず、食べ終わるまで席を立てませんでした。



家族団欒と呼べるはずの食事の時間は、父に注意されるのが怖くて、とにかく気が重かったのです。


父親は、始発で出勤し終電で帰ってくる忙しい仕事をしていました。

そんな合間にも発表会や大会には必ず来てくれたり、夏休みにはキャンプなどに連れて行ってくれるなど、家族のことを一番に考えてくれていた父親。


今となっては、それなりに食事のマナーが身についていることや、好き嫌いが無いことはありがたいことだと思っています。

ですが、私にとって食卓にはあまり楽しい思い出はありません。



しょっちゅう怒鳴られていた母親


わが家では子どもだけでなく母親も、食事中によく父親に怒られていました。

「米が硬い!炊きなおせ!」
「煮物がマズい!外で働いてきた旦那にこんなもん食わすんか!」

横で聞いている子どもの私たちが、「で、でも美味しいよ」なんてフォローしようものなら逆効果。


「子どもの舌がダメになる!」と母親がさらに怒られてしまうので、何も言えずに下を向いて、父親の逆鱗に触れてない食事を選びながら黙々と食べていました。

今ならモラハラと言われても仕方のないような発言のオンパレード。

本当に食事の時間が苦痛でした。



幼少期の苦い思い出から、楽しい食卓にこだわる私。母と話して知った新事実は…?の画像2
pixta_26128619_M

父親の意外な一面

この記事を書いた人
あめのの画像
あめの

3歳息子と2歳娘の母、あめのです。

年子育児に奮闘しつつ自分と向き合う日々は
慌ただしいですが宝物です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 幼少期の苦い思い出から、楽しい食卓にこだわる私。母と話して知った新事実は…?