1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 義母が4連泊!ザワつく心を一転させた、息子の偉大なる無邪気

義母が4連泊!ザワつく心を一転させた、息子の偉大なる無邪気

義母が4連泊!ザワつく心を一転させた、息子の偉大なる無邪気のタイトル画像

引っ越し後の新居のお披露目も兼ねて、年末年始、義母が泊まりに来ることに。嫁の立場としては、なかなかの一大イベントだったけれど……。

ある年のクリスマス翌日

今からさかのぼること数年前。

現在6歳、今日も見えない敵と戦いまくる息子も、当時はまだ2歳。

前日、サンタクロースからはオモチャの図鑑とタッチペンが届いていた。

本を触ると、何か教えてくれる優れモノもので、「ライオン、ガオー」と何度も言わせている。

平和だ。


私はいつ切り出そうかと考えていた。

息子、機嫌良し。

夫、機嫌良し(いつも通り)。

数日後にせまる、私にとっては今年最初で最後の重要案件について、真っ向から話し合うべき時が来ている。

話が思わず白熱し、息子を不安にさせてはいけないので、話し合いは別室がベターだ。

録画しておいた、息子の大好きなアニメ番組をポチり。

「あ!アパ、みう〜」

よし。

「夫よ、ちょっと折り入って相談が」

「なに〜?」

別室に招き入れ、ドアを閉める。

「年末年始のお義母さんお泊まり作戦会議を始めます!!」

「……なるほど、はい!」

義母が4連泊!ザワつく心を一転させた、息子の偉大なる無邪気の画像1
pixta_62820131_S

義母と過ごす年末年始

義実家にお邪魔したことはあったけれど、こちらに来ていただくのは初めて。

結婚後、初めて迎える年末年始に夫と二人で帰省した時は、たしか3泊だった。

長かったような、あっという間だったような3泊4日を過ごした。

私もまだ初々しい新妻であったし、右も左もわからず、文字通り右往左往していたことだろう……。

会話もイマイチ弾まず、静かに気まずい空気が流れたような。


そして3年後の今年。

飛行機の距離の義実家へ親子3人で帰省するより、義母1人に来てもらった方が平和且つ経済的、と考えた我ら。

そのXデーが、3日後に迫っているのだ。(しかも4泊!)

あれから時は経ち、家族も増え、私も当時より少しは良き妻に成長しているだろうか……!?

サッとお茶を出せたり、気の利いた話題を振ったり、できるようになっているだろうか……!

正直、あまり自信はない!!!

それだけは、自信がある!(キリッ)


「夫君、年末年始はどのように過ごすおつもりでしょうか?」

「はい、精一杯サポートします!家事も何でもします!」


「ほぅ。一切家事をしない夫さんが何でも、ですと?」

「え、あ、今日から修行するということで……」


鳴呼、修行期間の短さよ。

3日後やぞ。

義母が4連泊!ザワつく心を一転させた、息子の偉大なる無邪気の画像2
pixta_47290923_S

夫は家事が苦手だ

苦手というか、そこまで!?というレベル。

独身時代は3食外食やコンビニで済ませ、コップを洗いたくないから飲み物は全部買う、という徹底ぶり。

私がつわりの時には、リンゴを所望したら、家を出て20分後、カットパインを手にした夫が帰ってきた。


「えっと…何でパインを…?」

「えっと、皮剥いたリンゴは残念ながら売ってなくて。

でもパイナップルは売ってたから。

半分は合ってるかな〜と思って!」


〈夫の脳内〉

りんご (apple)

パイナップル (pineapple) …いける!


包丁を使いたくないが為に出た、突然のトンチ。

一休さんが我が家におります。


でも一休さんにも良いところはある!

私の家事に一切口出ししないところだ。

息子の機嫌が悪くて掃除が出来ず、部屋がぐちゃぐちゃでも、夕飯が粗末な物しか作れない日でもクレームがきたことはない。

折に触れて「いつもありがとう!」と言ってくれる。


そんなわけで普段は特に争うことなく、平和に暮らしている我が家。

しかし、義母が来るとなれば話が別ではないか!

家事がドドドッと増える。

3食の用意、寝具の用意、日中お茶出すタイミングはいつ?


夫と義母の間には、基本的に会話がない。

義母が色々と夫に話しかけてるのに、返答はだいたい、「うん」か「いや、違う」か「分からん」の3パターン。

スマホの方が饒舌だぞ。

もっと優しく話してあげておくれよ。


それで私と義母が話すしかない流れになる。

私、そんなに引き出しないから……!

4泊もの間、丸投げされても困るのであります。


「そんなわけで家事はさておき、私とお義母さんをあまり放置しないでほしいのですが……」

「よし、分かった!」


「あと外出予定を何でも良いから作りましょう。」

「了解。でも年末年始どこも混むからなぁ。

人混みに慣れてないうちの親にはちょっとキツいかも。」

「うーん、それはそうだね。

でも外出しないと間が持たなくない?

あと息子も……あれ?そういえば息子こっち来ないな……」

義母が4連泊!ザワつく心を一転させた、息子の偉大なる無邪気の画像3
pixta_66559184_S

私たちの会議は20分をオーバーしていた

後追いの激しい息子が私の姿が見えないのに静かにしている。

この世の親達が会得している「こども妙に静かにしてる時、良からぬことしてるんじゃ?センサー」が発動した。

サササと移動し、テレビの前の息子に声をかける。

あれ、おにいさん、何かに夢中でいらっしゃる……?

振り向く息子。


ワーオ!!

お、遅れてきたサンタクロースがそこにいたのだ。

息子はリビングに常備してある保湿クリーム缶(特大)に拳を突っ込んで、服の上から全身を保湿していた。

そして私がいつも「可愛いほっぺを守るよ~」と言いながら塗っていたせいか、ご丁寧にちょうど顔の下半分に大量のクリームを塗りたくっていたのだ。

12月26日に白髭のサンタクロース。

やるな、おぬし。


「夫~、リビングにサンタいるよ。」

「え!?サンタ?」


夫は爆笑し、得意げに笑う息子の写真を何枚も撮った。

こどもって、かわいい。


「あ、そうだよ。今年は息子がいるじゃないか。きっと大丈夫だよ!」

―そうか。

結婚直後の実家帰省と明らかに違うこと、それは息子(孫)がいてくれること。

心強いメンバーが追加されていたのだ。

義母が4連泊!ザワつく心を一転させた、息子の偉大なる無邪気の画像4
pixta_40634858_S

―さて、結果は

1月2日の午後、ミッションを終えた私たちはリビングで天を仰いだ。

無事終わったのだ。

息子は想像以上の働きをしてくれ、自分のおもちゃを一生懸命紹介したり、夫との仲良し振りを義母に披露して場を和ませてくれた。

これは以前にはなかった時間で、本当に助かった。

私のヒーロー、MVP賞を差し上げたい。


一方で義母と夫間の会話は依然として盛り上がっていなかった。

でも義母と夫は、私と夫よりも長い時間を一緒に過ごしてきたのだから、それで二人が心地良いならと見守ることにした。


そして現在。

6歳になった息子と、新メンバーの2歳娘は強力な戦力で、義母への電話の際にも大活躍してくれる。

ちなみに夫にも、あの時なぜあんなに協力してくれたのか、聞いてみた。

「まぁ自分だったらと思えば、確かにしんどいこともあるしね。

せっかくの年末年始、息子も一緒に平和に過ごしたいもんね」


ありがたい。

この件では素敵な解決法を導き出してくれた一休さん。

夫婦二人で出来なかったことも、子どもを加えたパワーアップした家族なら出来ることがあるなと実感した出来事だった。

義母が4連泊!ザワつく心を一転させた、息子の偉大なる無邪気の画像5
pixta_37635493_S

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
獅子えもんの画像
獅子えもん

3歳差兄妹を育てる30代主婦。
転勤族の家に生まれ、転勤族の夫と結婚し、現在の住まいは人生17軒目。
趣味:LEGO。我が子の頭の匂いを嗅ぐこと。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 義母が4連泊!ザワつく心を一転させた、息子の偉大なる無邪気