1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【卒乳を考えているママ必見!】みんなどうしてる?卒乳についての悩み解決法

【卒乳を考えているママ必見!】みんなどうしてる?卒乳についての悩み解決法

【卒乳を考えているママ必見!】みんなどうしてる?卒乳についての悩み解決法のタイトル画像

そろそろ卒乳をしたいけれど、まずどうすればいいか分からない、周りに言われて卒乳をしないといけないのか悩んでいる・・・など、卒乳について悩むママも多いはず。そこで、卒乳の悩みについての解決法をご紹介します。

出典:https://instagram.com/p/2ywY2tFkJN/

卒乳の悩み解決法①子どもに言い聞かせる

「こんな小さい子に言い聞かせて分かるの?」と思われるかもしれませんが、子どもは親が思っている以上に親の言うことを聞いています。子どもなりにおっぱいバイバイの意味を理解して、心の準備をしていきます。

子どもにとって大好きなおっぱいを卒業するのは、悲しいもの。いきなりもらえなくなった場合、おっぱい大好きっ子にとってはとても辛いことです。

まだ言葉をしゃべらない子どもでも、ママの言っていることをある程度理解しています。卒乳の日を決めたら、その1~2ヶ月前から「○月○日が来たらおっぱいとバイバイしようね」という風に毎日言い聞かせてみましょう。

しかし、途中で予定変更をして授乳をやめなかったり、日にちを大幅に変更したりすると子どもは混乱してしまいます。卒乳を決めたら、断固とした態度できっちりとやめた方がママにとっても子どもにとってもよいでしょう。言い聞かせる際には、授乳をやめても大好きなのは変わらないことなどを伝えることも大切です。

卒乳がうまくできたときには、うまくできたことをしっかり褒めてあげましょう。

卒乳の悩み解決法②おっぱいを違うものだと思わせる

おっばいにマジックで顔を書くんです。乳首のところを鼻にしたんだったか、口にしたのだったか・・・。両側に盛大にくっきりと描いておきます。そして、はっきり目が覚めている段階で、「もう○○ちゃんもおおきくなったから、おっばいさんが、もうバイバイしてねって言っているよ。」といって絵を見せます。

おっぱいに顔を書くと、いつもと違うものにびっくりして、飲まなくなる子どもは多いようです。顔などの絵を描く他に、乳首に絆創膏を張ったり、からしやわさびを塗るといった方法も。

おっぱいが今までと違うものになったように思うのか、ぴたっと卒乳する子どもが多いので、短期間での卒乳を目指しているのであれば、良い方法かもしれません。

子どもの反応が見られたら、①で紹介した言い聞かせも合わせてやってみるといいでしょう。

自然卒乳を目指しているのに、周りからやめろと言われる

子どもが自然と自分からおっぱいを飲まなくなる自然卒乳を目指しているのに、1歳を過ぎると親や親戚、保健士さんなどから「まだ授乳しているの?」と言われることで悩んでいるママも多いのではないでしょうか。

授乳をいつまで続けるかは、ママの状況や子どもの状態で納得のいくようにママが決めた方がいいと思います。
もし、他の人に言われたからという理由で無理に卒乳した場合、後々に「もっとあげれば良かった」と後悔するかもしれません。

ただし、授乳をすることにこだわりすぎて、ママがつらく感じているのに授乳を続けている場合などは、卒乳について考えてみるのもいいかもしれませんね。

いつ卒乳をするかは、ママと子どもの様子で判断しましょう。
周りから言われたからと言って、あせったり無理をすることはありません。

一度卒乳すると、再開するのは難しいことが多いので、周りの声に惑わされず、卒乳するための方法を実践するのか、自然卒乳を待つのかをじっくり考えてみると良いと思います。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひらり

1歳の女の子を育児中です。
イヤイヤ期がはじまりつつある娘と毎日楽しく格闘しています♡
実際に役にたった子育ての情報や、グッズなどを紹介できればと思っていま...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【卒乳を考えているママ必見!】みんなどうしてる?卒乳についての悩み解決法