1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!

親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!

親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!のタイトル画像

楽しく通っていたはずなのに突然の「行きたくない!」にあわあわ。その時、子どもになんと声をかける…?体験談を集めました。

突然の登園拒否

親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像1
親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像2


双子の姉がいきなり「行きたくない!」と言い出したそうです。

理由を聞いてみたり、途中まで一緒に行ってみたり。

それでも「帰りたい!」という娘に対し、ママがとった行動とは…?


親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像3

いつもより少し早く家をでて…


そして、息子が満足するまで。

「もう大丈夫」と安心するまで。

抱っこでも、なんでもいいから試みてみました。


親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像4


3歳の息子は、ある日を境にすっかり保育園行きたくないモードになってしまい、毎朝大泣き。

「子どもが自分でバイバイできるタイミングを決められる」ように、朝出る時間を工夫してみたそうです。

最初はいつまで経ってもママから離れようとしない様子でしたが…?


こちらは心がグッッとつかまれるエピソード。

出勤時間がせまる中、誰もが同じことはできないかもしれません。

でも、こんな向き合い方もあるのだな、と感じます。


親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像5
親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像6

オーケーオーケー、大丈夫。

親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像7
親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像8


そうそう、このくらいライトな対応で解決することもありますよね!

「行くまで」がイヤなのであって、「保育園」自体は楽しい、ということも…?


親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像9

輪に入れない、さみしさ。

親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像10
親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像11


転園して新しい環境に。

お友達作りに苦戦する娘の姿が、かつての自分とシンクロしてしまいます。

泣いている娘に、「友達が待っているから行きなさい」とは言いたくない。

その代わりに、提案した事とは…?


親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像12

お友達とトラブルがあった後…

親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像13
親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像14


のんびりした息子とやんちゃなお友達。

その関係が心配でした。

本人は「休みたい」とは言わないけど、幼稚園へ向かう毎朝の足取りが重い…。

つらくても、言葉には出さない子も。

家族からの声かけで、緊張していた毎日がふっとゆるむといいですね。


親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像15

一緒に登校しました

親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像16


大型連休明け、学校へ行かないと泣く息子。

付き添って登校するうちに、だんだんと克服のきざしが。

そしてもうすぐ2年生になる息子からの言葉が…や、優しすぎる…!


親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像17

なんで行かなきゃいけないの?

親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像18


大人気連載『「小1の壁」のむこうに』より、ワーママを悩ませる長期休み問題をご紹介。


「どうして友達とうちは違うの?」

「どうして僕は学童に行かなきゃならないの?」

そんな質問の刺さり具合も、パパとママでは違ったり…。

なんと答えるか、家庭によっても様々です。


親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!の画像19



子どもたちから発せられる「行きたくない」のサイン。

もしわが子から言われたら、どう受け止め、どう対応していくか?

ドーンと構えて送り出す?

じっくり一緒に過ごす?

そこに正解はないからこそ、悩んでしまうかもしれません。


親子の心地よい関係が、見つかりますように。



(編集:コノビー編集部 大塚)




当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 親の心をえぐってくる登園しぶり…。知っておきたいみんなのエピソード!