1. 総合トップ
  2. >
  3. 難しい数え年、年齢カウントの間違えにアタフタ…!忘れられない七五三の思い出

難しい数え年、年齢カウントの間違えにアタフタ…!忘れられない七五三の思い出

難しい数え年、年齢カウントの間違えにアタフタ…!忘れられない七五三の思い出のタイトル画像

子どものいる家庭にとって、七五三はビッグイベント!お参りの場所や写真撮影など、悩みますよね。しかし、我が家はなんと、年齢のカウントを2年も間違えていたことが発覚したのです…。


3才&5才の両方を祝おうと意気込んでいた私


七五三の時期が近づくと、年齢カウントを間違えてお参りに行ってしまった、息子の七五三を思い出します。


3才の「髪置きの儀」、5才の「袴着の儀」、そして7才の「帯解の儀」。

男の子は5才、または3才と5才で祝ってもよいということで、私はぜひ両方で祝おう!と思っていました。


一人っ子であること、赤ちゃん時代と比べて行事(&それに伴って写真も)が減っていてちょっと寂しいなと感じていたこと…。

また、昔、夫が着た着物が義実家に残っていた、というのも理由の一つです。


3才は夫が昔着た着物で出張撮影!

5才は写真館で、ちょっとおしゃれな今どきの着物を選びたい。



「その頃には息子も大人しくしていられるだろうから、私も和服を着ちゃおうかな?ふふふ…」などと思っておりました。

今思えば、「メインはお参りだぞ!写真撮影じゃないぞ!」という感じなのですが、当時の私は、息子の成長記録を残すことで頭がいっぱいでした。


難しい数え年、年齢カウントの間違えにアタフタ…!忘れられない七五三の思い出の画像1
pixta_60059780_M

「5才ですね」神主さんの言葉に、アレッ!?


まずは3才の七五三です。

義母に、夫の着物を使いたいとお願いしたところ、「3才でやるの?ちょっと着物が大きいけど…」と言いつつも、羽織の肩の部分や袴の丈など、快く着物のサイズ直しを引き受けてくれました。

撮影の手配をして、神社を決めて、わくわくで当日を迎えました。


息子は七五三という行事にピンときていなかったようですが、遠方にいて普段は会えないじぃじ、ばぁばが来る!ということで、楽しみだったようです。

ところが、お参り当日。


着付けを終え、神社に行ってご祈祷をお願いする用紙に生年月日を記入していたところ、神主さんから思いもよらない一言が。

「はい、5才ですね」というのです。

…んっ???


難しい数え年、年齢カウントの間違えにアタフタ…!忘れられない七五三の思い出の画像2
pixta_17963312_M

まさかの2才誤差。息子は数え年で5才だった!


「いや、うちの息子3才です」と伝えたのですが、どうにも神主さんと話が噛み合っていない気がする…。

よくよく聞くと、「満3才ですが、12月生まれですよね。今年4才のお子さんと同級生でしょう。だから、4才。数えで5才ですよ」ということでした。

えっ…。

うちの子、5才の扱いになるの!?

これには驚愕!

「数え」での年齢カウントが実年齢と異なるのは分かっていましたが、生まれ月との関係で、2年もの差が出るとは想定外でした。

「じゃあ、今日のお参りは5才の七五三ということになるのでしょうか…?」

私の、私の、パーフェクト七五三プランが…!!

呆然とする私。

神主さんはショックを受ける私を見て何かを察したのか、「まあ、親御様のお気持ちですから、満3才ということでも…」とフォロー…。


一方の夫は、
「えっそうなの。じゃあ1回でいいじゃん」と能天気発言。

幸い義両親はそういうことにうるさいタイプではなく、「あら、そうなの?」という反応。

結局、その日のご祈祷は、満3才の七五三のお祝いということで落ち着きました。


この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、6才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 難しい数え年、年齢カウントの間違えにアタフタ…!忘れられない七五三の思い出