1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 新しくって面白い!今年出版されたオススメ新作絵本をご紹介

新しくって面白い!今年出版されたオススメ新作絵本をご紹介

新しくって面白い!今年出版されたオススメ新作絵本をご紹介のタイトル画像

本屋さんの店先に、元気よく並んだ新作絵本たち。うちの子にはどれが良いんだろう?ぱらぱらとみているだけでも楽しいですよね。今回は、絵本プレゼンターの私自身が思わず手にした魅力溢れる新作絵本をご紹介します。

今年出版された絵本のご紹介♪

絵本選びって楽しいですよね。今回は、この最近に出版されたばかりのフレッシュな絵本をご紹介します。お子さまの絵本に、お友だちの子どもさんへのプレゼント選びの参考にしてみてください。

『りゆうがあります』作:ヨシタケ シンスケ

新しくって面白い!今年出版されたオススメ新作絵本をご紹介の画像1

3月に出版された絵本。この表紙とタイトルを見て、手に取らずには入られません!

息子よ!あなたのことだわ!

そう思い、どこか、不可解であったものを解決させたくページを開いたのでした。そこにあったのは。。。

主人公の「ぼく」に言わせると、どの行動にもちゃんとした「りゆう」があるんだと。

ハナをほじるのは、ハナの奥にあるスイッチを押して「ウキウキビーム」を出すためだし、ツメをかむのは、大人には聞こえない音を出してゴミすてばのカラスを追い払っているから。

では「貧乏ゆすりをするのは・・・」「ごはんをボロボロこぼすのは・・・」「高いところを見つけると必ずのぼっちゃうのは・・・」?

この絵本を息子にも読まて以降、いちいち理由を聞かされるようになりました。そのときの私の顔は、この本の中のおかあさんの顔と全く同じ顔を、間違いなくしている!

見事に捉えているのが、この本のすばらしいところです。

『アブナイおふろやさん』作:山本孝

新しくって面白い!今年出版されたオススメ新作絵本をご紹介の画像2

こちらは4月に出た絵本。山本孝作品、憎めない感じがすきです。『アブナイかえりみち』に続くシリーズ2作目。帯の「男子絵本」とは、男子に頭を抱えるお母さんたちへ贈る絵本と解釈しております。

今回「ほうかごスペシャル探検隊」が向かったのは、おふろやさん。彼らの手にかかれば、普通のおふろやさんだってジャングルに早変わり。そこは危険に満ちた未知なる世界、見たことのない生き物から原住民たちまで、男子のハチャメチャな妄想は止まりません。魚人イセン・セババとはいったい・・・。

山本孝さんはじめ、子ども達には、きっとこの世界はこんなふうに見えているのだと思います。山本孝さんの絵は、怪物をゲテモノなる一歩手間の美しさで描くところも魅力です。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 子どもの遊び 室内遊び 絵本

この記事を書いた人

わたこ

現在小学校2年生の男の子の母。長い産後うつを経験し、産後の心と身体のケアの必要性を感じ、産後ストレッチや瞑想ストレッチ、バレエストレッチなど「ストレッチアドバイ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 新しくって面白い!今年出版されたオススメ新作絵本をご紹介