1. >
  2. >
  3. >
  4. 布おむつってどうなの?慣れれば楽ちん!布おむつ育児のススメ

布おむつってどうなの?慣れれば楽ちん!布おむつ育児のススメ

布おむつってどうなの?慣れれば楽ちん!布おむつ育児のススメのタイトル画像

布おむつと紙おむつ、どちらがいいのだろう。「布おむつで育ててみたいけど、大変そう」と迷っているお母さんやお父さんはいませんか。実は、布おむつは、赤ちゃんにとってもお母さんお父さんにとっても、とても「楽」な子育て方法になり得ます。その3つの理由をご紹介します。

出典:http://instagram.com/p/ygqC2QD6I0/

赤ちゃんの心地よさを第一優先

お日様に干した布をおしりに当てることは、気持ちがいいものです。赤ちゃんは、おむつを換えてもらう度にこの肌触りの良さを体感し、体に記憶させます。また、布ならではの自然な通気性の良さがあります。夏でも、頻繁に交換をすることで、「おむつ蒸れ」「おむつかぶれ」を知らずに過ごすことができます。

赤ちゃんの感性の高さは、大人の何倍にも及ぶと言われます。この大切な時期に、おしりの不快で外への興味関心に集中できないのはもったいないですよね。赤ちゃんが「布おむつで心地良く過ごすこと」は、他には得がたい価値あるといえます。

内容(「BOOK」データベースより)

紙オムツをはじめ、平然とまかり通っている「子育て常識のウソ」を告発。才能豊かなかしこい子どもを育てるための究極の育児書。

お母さんの楽を作り出すアイテムがあります

昔ながらの輪おむつの他に、今は、「成形おむつ」というものがあります。印象として、布ナプキンのようなものです。成形おむつは洗濯が楽なだけでなく、持ち運びもとっても便利。家でも出掛け先でもおしっこをする度に気軽にさっと交換することができるでしょう。それに付随して、様々な「布おむつカバー」「ネット(おしりと布オムツの間に入れることで、うんちをした時に布おむつにべっとりとつくのを軽減します)」などの商品が出ています。

さらにもう1つ。もしも「洗濯を毎日することが大変」と感じる方には、「バケツ洗濯機」の使用をお勧めします。昼間に交換した布おむつを水につけたり蓋付き容器にためておき、夜、この「バケツ洗濯機」で短時間に一気に洗濯をすることができます。

このように、楽にする情報をいろいろと試すことで、きっと布おむつ育児が楽に軌道にのってくるでしょう。

お財布にやさしいことがたくさん換えたい気持ちを応援してくれる

「本当はもっと頻繁におむつを換えたい」「おしっこをする度に換えたい」と思いながら、紙おむつだと「一枚いくら」という費用が発生するので、交換する枚数が減ってしまう母さんも少なくありません。その点、布おむつは、最初に揃える時はお金がかかりますが、一日に何枚でも安心して交換をすることができるでしょう。また、赤ちゃんが心地よさを体感していることで「おしっこ」「うんち」を感知する力が早く身につき、おむつ外れも早くなる傾向が高くなると言われています。これらのことをトータルで考えると、布おむつは、お財布にとってもやさしいと言えるでしょう。

まとめ

布おむつを使うことで得られる「赤ちゃんの楽」「お母さんお父さんの楽」を3つ挙げました。(「布おむつ」に関しては、様々な書籍も出版されています。)情報を得ることで、布おむつの良さを改めて知ったり、布おむつのハードルがどんどん下がったりしていくのではないかと思います。

脳や体や感性が著しく発達する赤ちゃんの毎日を、布おむつ育児はやさしく応援してくれることでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 おむつ・おむつ替え

この記事を書いた人

幸せママ

子供に関わる仕事を20年以上してきました。今は、我が子との生活です。心理学を軸に、自然育児、高齢出産、子育てスキル、音楽療法、呼吸法、免疫力の向上など…私自身が...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 布おむつってどうなの?慣れれば楽ちん!布おむつ育児のススメ