1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたこと

「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたこと

「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたことのタイトル画像

小学校低学年の頃、全く泳げなかった私。小学校3年生で通い始めたスイミングスクールでの経験を通して、とても大切なことに気が付いたのです。

私は、水泳が大嫌いだった


小学校低学年の頃、私は泳ぐことができませんでした。

今でも覚えているのは、小学校1年生の水泳の授業のこと。

泳げる子と泳げない子でチーム分けされ、泳げない子は浅いプールで伏し浮き(壁を蹴らずにその場で浮くだけ)の練習から始まりました。

顔を水につけるのも抵抗があり、「水に浮く」という感覚も分からず、とにかく水泳の時間が憂鬱で仕方がなく……。

授業の終わりには、キラキラのボールを拾うご褒美タイムがあったのですが、私にとってはその時間さえも地獄のようでした。


結局、小学校1年生の授業では、伏し浮きがやっとというレベル。

そもそも運動全般が苦手だったので、体育の時間自体が楽しいものではなかったのですが、2年生の夏もどうにかプールの壁を蹴って「けのび」ができるようになったところで終わりました。

「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたことの画像1
pixta_65125263_S

転機となったスイミングスクール


転機が訪れたのは、小学校3年生の夏休みでした。

泳げないことが嫌だと母に相談すると、「水泳教室に通ったら泳げるようになるかもしれない」と考えてくれたようで、短期の水泳教室に通うことになったのです。

母はこの時、「短期間で集中して学んだ方が、力がつくのでは?」と考えたそうで、毎日通うコースに参加したのですが、この采配が的中。

2週間の教室が終わる頃には、私は少しだけ水泳が楽しくなっていました。


同じタイミングで、両親の仕事の都合により転校することになったのですが、せっかく水泳のコツをつかみ始めたこともあり、転居後に週2回のスイミングスクールに通うことになりました。

そのスイミングスクールでは、小学生は1年生から6年生までが同じ時間帯で、泳ぎの習熟度別にクラス編成されていました。

当然、一番下のクラスからスタートした私。周りは1年生の子ばかりです。

体は周りよりも頭2つ分大きかった3年生の私は、1年生と一緒のクラスにいることを「恥ずかしい」と感じ、早く進級したい一心でとにかく頑張りました。


水に慣れて恐怖心がなくなると、自然と肩の力も抜けて、浮くことが容易に。

そして浮けるようになると、あれだけ苦手だった「伏し浮き」や「けのび」もなんてことなくなりました。

そこからは、壁をキックして長い距離を浮けるようになり、スイミングスクールへ行くことが楽しくなっていたのです。


週2回通うことは、私にとってはメリットだらけでした。

練習量が多いことはもちろんですが、毎月の進級テストで1回目を失敗したとしても、2回目のチャンスがある。

そして合格が続き、順調にクロールのクラスまで追いつきました。

「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたことの画像2
pixta_42539046_S

「苦手」が「好き」に変わるとき


クロールが泳げるようになったことは、私の中で大きな自信になりました。

クロールを習得するためには、“段階”があります。

水に浮くことができて、バタ足ができて、腕と肩を上手に回せて、そして呼吸をマスターしなければなりません。

そのためにはコーチの話をしっかりと聞いて、自分のできない部分、苦手な部分を軌道修正する必要がありました。

この時、「教えてもらったことをやってみると、前よりうまくいく」という小さな成功体験を積み重ね、そのおかげで泳げるようになるということを、身を持って体感していました。

また、週2回通っていたため、コーチによって異なる説明の仕方や声かけをしてもらっていたことも、2人のコーチから習うメリットだったように思います。


クロールが泳げるようになってからは、背泳ぎ、平泳ぎとマスターし、最後はバタフライまで習得しました。

あんなに水が怖くて泳げなかった自分が4泳法をマスターし、小学校6年生の学区の水泳大会では、学校の代表に選ばれるまでになりました。

あれだけ苦手だった水泳が、大好きな水泳に変わったのです。

中学でも高校でも体育は嫌いなままでしたが、唯一、水泳だけは良い成績がとれるので、自分の得意分野になりました。

「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたことの画像3
pixta_47722170_S

振り返って思うこと


泳げるようになってから思ったのは、当時の私が泳げなかったのは、「泳ぐ方法を知らなかっただけ」ということです。

小さい頃の「できないこと」というのは、実はこのように「方法を知らないだけ」ということも、往々にしてあると思います。

習い事は、その点を補ってくれると思うのです。


スイミングスクールに通い、泳ぐためのコツを知ることで、どんどん「できること」が増えたのはとても良い経験でした。

「できることが増えると、楽しいことも増える」という良いサイクルも学びました。



泳げなかった小学校3年生の夏、「泳げないから水泳は嫌い」で終わらずに挑戦してみたことは、その後の人生にも大きく影響しました。

苦手だな、嫌だな、無理かも……と思うようなことに出会った時、とりあえず「まずはやってみよう」と考える。

今の私にこの習慣がしみついているのは、スイミングスクールに通った経験のおかげだと感じています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
おぎの画像
おぎ

2012年生まれの小学2年生の男女双子の母
転勤族の妻
双子を連れて2度の引っ越し(広島・福岡)経験あり。
現在、都内ベンチャー企業にて短時間正社員として...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたこと