1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊活中にとっておきたい栄養素~女性ホルモンのバランスを整えよう~

妊活中にとっておきたい栄養素~女性ホルモンのバランスを整えよう~

妊活中にとっておきたい栄養素~女性ホルモンのバランスを整えよう~のタイトル画像

妊活中の女性は、規則正しい生活習慣や栄養バランスの取れた食生活を心がけ、妊娠しやすい体調にしておくことが大切。中でも、女性ホルモンのバランスを整える栄養素はしっかり補いたいですね。今回は、妊活中の女性におすすめの栄養素を含む食べ物をまとめてみました。

出典:https://www.flickr.com/photos/keiko-com/12249011574/

イソフラボン

大豆に含まれる「イソフラボン」は、妊娠に関与する女性ホルモン「エストロゲン」によく似た構造をした成分。女性ホルモンのバランスを整えるはたらきがよく知られています。



イソフラボンの過剰摂取は副作用を引き起こすおそれがあるため、容易にイソフラボンが大量摂取できるサプリメントは常用を避け、大豆製品から適量のイソフラボンを摂取するようにしましょう。

イソフラボンの1日あたりの目安摂取量は、40~50mgとされています。

食品で補う場合は、豆腐なら150g(半丁)、納豆なら60g(1パック)が目安となります。

ビタミンE

ビタミンEは男女の生殖機能を維持するために欠かせない栄養素です。女性ホルモンのバランスを整え、生理周期を整えたり受精率を高めたりするはたらきがあるといわれています。



ビタミンEが欠乏すると不妊や流産が起こりやすくなるので、妊活中の女性は意識してビタミンEを摂取しましょう。



食品ではナッツ類、植物油、うなぎ、カボチャ、アボカドに豊富に含まれています。ビタミンEは油と一緒に摂取すると体に吸収されやすいので、食材は油で炒めたりドレッシングをかけたりして食べるのがおすすめです。



ビタミンEは過剰摂取しても体外に排出されないので、サプリメントを利用する場合は用量を守りましょう。

亜鉛

亜鉛は細胞の成長やホルモンの分泌に関与しており、私達の体に欠かすことができないミネラルです。女性ホルモンの分泌を促し、生殖機能を維持するはたらきがあります。



ところが、亜鉛は日常の食生活では不足しやすいミネラルのひとつであり、慢性的に亜鉛不足に陥っている日本人も少なくありません。



食品では牡蠣、レバー、牛肉、うなぎ、納豆、卵に含まれていますが、食生活が不規則になりがちな人は、サプリメントを適度に併用するのも良いでしょう。

葉酸

葉酸は胎児の神経管を生成する妊娠初期に欠かせないビタミンで、妊娠初期の妊婦は葉酸をしっかり摂取するよう呼びかけられています。そして妊婦だけでなく、妊活中の女性の体にも重要な役割のある栄養素だということが分かってきています。

実際、原因不明の不妊症の患者 に葉酸を摂取してもらうことで、血中のホモシステイン(一般には悪玉アミノ酸と呼ばれている)濃度が低下し、妊娠率を向上させたというものや、精子の質の向上がみられたなどという論文 も少しずつ発表されています。

葉酸は緑黄色野菜、レバー、イチゴ、納豆などに多く含まれています。妊娠前から積極的に葉酸を摂取しましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の生活 妊娠中の食生活

この記事を書いた人

KITA

学校給食の仕事からなぜかWEBデザイナーに。健康・病気のお話を分かりやすく説明するお仕事も担当しています。さらに勉強を重ね、より良い情報をお伝えしていきたいと思...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊活中にとっておきたい栄養素~女性ホルモンのバランスを整えよう~