1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 自粛生活で物があふれる家の中…親子で取り組んだ片付けを通じて、伝えたいこと

自粛生活で物があふれる家の中…親子で取り組んだ片付けを通じて、伝えたいこと

自粛生活で物があふれる家の中…親子で取り組んだ片付けを通じて、伝えたいことのタイトル画像

我が家は60平米の賃貸マンションに4人暮らし。新型ウイルスにより急遽3ヶ月の自粛生活が始まり、徐々に家の中の物が増えていきました。そこで、休日に子ども達とお片付けすることに! その経験から子ども達に伝えたいメッセージとは。

自粛生活…徐々に物があふれる家の中


我が家は3LDKの賃貸マンションに家族4人で住んでいます。

3LDKといってもそれほど広くはなく、60平米ほど。

部屋がすっきりとしていれば問題なく過ごせます。

しかし、少し油断して物を床に置き始めた途端、足の踏み場がなくなり、子ども達が遊ぶ場所も無くなってしまいます。


新型ウイルスにより急遽3ヶ月の自粛生活が始まり、徐々に家の中に物が増えていきました。

毎日子ども達と部屋で粘土遊びをしたり、射的遊びをしたり、折り紙をしたり。

作った作品をすぐに捨てるのもためらってしまい、数日残しておこうと思うと、あっという間に部屋がぐちゃぐちゃ……


6月後半から通常通り幼稚園や小学校が再開したものの、まだ家の中には多くの物が。

とある金曜日、「週末は、”子ども部屋大掃除の日”にしよう!」と子ども達と一緒に部屋の掃除をすることにしました。


自粛生活で物があふれる家の中…親子で取り組んだ片付けを通じて、伝えたいことの画像1
pixta_57919863_S

いざ!分類から開始


日曜日の朝9時過ぎから片づけ開始!

おもちゃを分類することから始めました。

「今もすぐ遊ぶもの」「押入れに片づけておくもの」「手放すもの」この3種類のカテゴリを作ることに。

始めてみると

・何かの付録でもらったおもちゃ
・折り紙で何かを作ろうとしている途中で放置されたもの
・お友達からのお手紙
・壊れたおもちゃ
・幼稚園でお誕生日の時にいただいた先生からの色紙

など、大事な物と大事ではないものが混在していました。

子ども達それぞれに引き出しを1つ渡し

「”今すぐ遊ぶもの”はこの引き出しを出ない量にしよう!」

とゲーム感覚で始めました。


まず、私がおもちゃを1つずつ手にとって「これはどうする?」と聞きまくりました。

小学生の娘は何度もこの片付け方法を経験しているのもあり、すぐに要領を得てきた様子。

だんだん自分で「これはもういいかな、これは残しておこう」などつぶやきながら自分で片づけはじめました。

4才の息子は自分だけでやるとすぐに遊びはじめてしまうので、私が「これは?」「これは?」と聞いていき、息子が飽きる前にとにかく早く分類しました。


自粛生活で物があふれる家の中…親子で取り組んだ片付けを通じて、伝えたいことの画像2
pixta_24519263_S


子ども達も作業に慣れ、分類がスムーズに出来るようになった頃。

赤ちゃんの頃にずっと握っていたぬいぐるみを、子ども達が躊躇なく不要と判断することも!

私は慌てて

「あ、ごめん!これは残しておいて~!」

とお願いしてしまいました。


まだ寝返りもできない赤ちゃんの頃のぬいぐるみ。

子ども達が覚えていなくても当然です。

しかし実はそのぬいぐるみ、切迫早産で数ヶ月動けなかった私が、うまれてくる赤ちゃんを想像しながら手縫いしたもの。

無事うまれてきてくれた娘にそのぬいぐるみを持たせて、よくあやしていました。

「これはあなたたちのおもちゃというより、ママの思い出だね~」

なんて話をしつつ、そっとおもちゃ箱に戻しました。


自粛生活で物があふれる家の中…親子で取り組んだ片付けを通じて、伝えたいことの画像3
pixta_3372396_S

部屋はスッキリ!子ども達の反応


時々昔の思い出に浸りつつ、分類すること約1時間半。

不要になったおもちゃは、なんとゴミ袋3つ分でした!

収納からはみ出していた多くの物も、すっかり収まりました。

「お部屋が広くなった!!」と大喜びの子ども達。

広くなった部屋で、寝転がりながらお気に入りのおもちゃを出して遊びはじめました。


約半年前も同じような分類をしたのですが、その時には取っておいたおもちゃを今回は手放したり、フリマアプリで他の子に使ってもらおうと判断できたり。

片付けを通じて子ども達の成長も感じました。

おもちゃを分類する中で、子ども達が悩んだときには

「無理に捨てなさいというわけではないよ。一旦押入れにいれてみて、またしばらくしてから決めてもいいんだよ。」

と伝えました。

「物を捨てる=いいこと」ではなく、「大事なものを見極める=生活しやすくなる」ということを実感してほしかったのです。


またしばらくすると、いろいろな物が増えてくるでしょう。

何かを買ったり、いただいたり、つくったりして物が増えていくのは当然のこと。

それらの物を手放すことが、必ずしも良いことではありません。

でも、管理できないほど多くの物に囲まれていると、その中に大事な物が埋もれてしまうこともあります。

定期的に子ども達と一緒に見直しをして、本当に大事な物をすぐに手に取れる状態をキープできればと思います。


自粛生活で物があふれる家の中…親子で取り組んだ片付けを通じて、伝えたいことの画像4
pixta_65313466_S

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ふくふくの画像
ふくふく

小学1年生の娘と、3歳の息子、夫との4人暮らしです。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています(^^)
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 自粛生活で物があふれる家の中…親子で取り組んだ片付けを通じて、伝えたいこと