1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!

おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!

おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!のタイトル画像

娘さん、習い事はじめました!


お久しぶりです。ヤマモトです。

第二子出産の為、しばらくお休みいただいてましたが、またコノビーさんで記事を書かせていただくことになりました。


おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像1


新メンバーが増え、家族がますますパワフルになりました。

改めまして、今後もどうぞ宜しくお願い致します!


子どものころ、何が好きだった?


突然ですが、皆様は子どものころ、習い事ってされてましたでしょうか?

私は小学生のころに、絵画教室に通ってたのですが、静物画や風景画の練習が、当時全く肌に合わず(←いまだにきちんと描けません…)教室の隅で、ひとりでマンガを描いてました。


おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像2


マンガは好きで、ひとりで描く時間も楽しかったでのすが、「これ、通ってる意味ないのでは…?」と気づいたので、母に言って辞めさせてもらいました。


娘さんは、何が好き?


時は経ち、私も親の立場に。

娘もいろんなものに興味が出てきて、以前に比べると集中力もついたし、そろそろ何か習い事をはじめてみてもいいかも…と考えました。

(そのとき娘は4歳で、当時は新型ウイルスの流行前でした)

クラスのお友達は、プールや体操教室などに通ってるとのことでしたが、お友達と一緒のところに行くというよりは、娘がやりたいことを尊重したいと思い、まずは本人に希望を聞いてみることに!


おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像3
おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像4
おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像5


やる気に満ち溢れすぎてる娘を「今度おためし体験に行こうね!」となだめつつ、絵画教室探しを始めました。

できれば、絵画教室に馴染めなかった、過去の私のようにはなってほしくないなぁ…、と思いながら。

しかし、いざ探し始めると、場所が遠すぎたり、対象年齢が上だったりと、なかなか条件に合う教室が見つかりませんでした。

そんな時、夫との会話の中でふと浮かび上がってきた一案が…。



おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像6

「おえかきせんせい」が来てくれる!


数日後、絵や工作を一緒にやってくれる家庭教師の方が見つかったので、まずはお試しに…と、面接に来ていただくことになりました。


おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像7


娘は大興奮!

「絵が好き」という共通点もあってか、すぐ打ち解けられました。

娘も続けたいとのことだったので、月に2回・2時間ずつお願いすることに。

実は私、家庭教師をお願いすることに対して高いハードルを感じていました。

でも実際は、一対一で娘の個性に合わせた指導をしていただけるところがとても良かったです!

また、息子が生まれてからは、娘の相手をしていただいてる間にお世話に集中できて、心の余裕を持つことができました。

絵画教室で、先生や生徒さんたちに刺激を受けながら、制作する体験も素敵ですが、お家で落ち着いて、存分に絵や工作を楽しんでもらえることが、とてもありがたかったです。
(通うとなると、抱っこひもやベビーカーで、息子を一緒に連れて行くのは大変だっただろうし…)



おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像8
おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像9
おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像10
おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!の画像11


このあと娘は、自分の等身大ポスターの横に寝っ転がって「わたしって、おおきいよね~」と言いながら、鑑賞してました!

新型ウイルスが流行してからは、感染防止のためオンライン対応もしていただいてます。

対面してるのと、変わらない感じで和やかに絵を描いてて、「ビデオ通話でも集中力が続くかな?」と、心配してたので嬉しい驚きでした!

家庭教師の方に教わるたび、娘の芸術が爆発するのを見ると、「小学生の私にも『おえかきせんせい』がいてくれてたらなぁ…」なんて、羨ましくなってます。(笑)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ヤマモトの画像
ヤマモト

北斗の拳に憧れる母ちゃんです。
夫(モヒカン)・娘さん(5歳)・息子さん(0歳)・猫のゴメス(8キロ)と暮らしています。

雑誌「本当にあった笑える話」(...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. おうちがお絵描き教室に!?家庭教師を頼んでみたら、娘の芸術が爆発した…!