1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの歯は親が守る!!歯科衛生士がすすめるデンタルケア♪

子どもの歯は親が守る!!歯科衛生士がすすめるデンタルケア♪

子どもの歯は親が守る!!歯科衛生士がすすめるデンタルケア♪のタイトル画像

生えたての歯は小さいですが、子どもにとってはとても大切なもの。歯が生えてきたら親が守ってあげましょう!歯科衛生士でもあるMINがおすすめする、おうちでのデンタルケアをご紹介します♡

歯が生えてきたらデンタルケア!

子どもの歯が生えてくる時期には個人差がありますが、早いと生後3ヶ月から下の前歯が生えてくる子もいます。新米ママからよく聞かれるのが、「いつから歯を磨いてあげればいいのかな?」ということ。

その答えはズバリ、「歯が生えてきたら!」です。



まだ小さい赤ちゃんに?と思う方もいると思いますが、デンタルケアに早すぎるということはありません。ドラッグストアでもたくさんの子ども用デンタルグッズが売られています。生後3ヶ月くらいの小さな歯には、キシリトール入りのガーゼで優しく拭くところからはじめてみると良いでしょう。

6ヶ月くらいになると専用の歯ブラシも売っていますので、そういった歯ブラシでやさしくこちょこちょと一本ずつみがいてあげてください。ではこれから、写真付きでおすすめデンタルケアグッズをご紹介します♪

歯と歯のあいだに詰まった食べかすがごっそり取れる!

子どもの歯は親が守る!!歯科衛生士がすすめるデンタルケア♪の画像1

子どもの歯も重なっているところがあると、やはり食べかすがはさまりやすく、それをとってあげないと、そこから虫歯が発生することも考えられます。そんなときにはフロスがオススメ。フロストはデンタルケア用の細い糸で、ドラッグストアで簡単に手に入ります。使い方は、ある程度の長さに糸を切って、両手で歯と歯のあいだにギコギコとやさしく糸を通すだけ♪



難しそうに思えますが、実はとっても簡単。これだけで歯の健康が守れるなら、やらない手はないですね♪

大人にももちろんオススメしたいこのグッズ。奥歯を掃除すると、「わぁお!」と声が出るほど食べかすが取れてサッパリしますよ!!

歯磨きのあとには虫歯予防が大事!

子どもの歯は親が守る!!歯科衛生士がすすめるデンタルケア♪の画像2

歯磨きのあとにはすかさず虫歯予防をしましょう!写真に写っているのはお口のなかで食べるタブレット。歯磨きのあとにものを食べるのはご法度ですが、こちらは虫歯菌を弱くさせると言われているキシリトール配合なので大丈夫!

様々な味のものが売られているので、ぜひお子さんの好きな味を探してみてくださいね。

歯の健康は身体の健康!!

近年では、お口の中の清潔を保つことが身体の健康をにつながるということが分かってきています。まだまだ自分で歯を磨けない乳幼児時には、ママが仕上げ磨きをすることで子どもの歯を守ってあげることができます。



歯をキレイにして、健康的な毎日を過ごしましょう♪

歯と全身の健康との関連

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

♡MIN♡

愛知県に住んでいる♡MIN♡です♪
7歳の娘、4歳の息子がいます。
自分の性格を一言で表すと、「THEミーハー」とはっきり言えるほど、いろいろなことに興味が...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの歯は親が守る!!歯科衛生士がすすめるデンタルケア♪