1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 送迎では濡れるし、室内遊びはネタ切れ。梅雨の育児はハードモード

送迎では濡れるし、室内遊びはネタ切れ。梅雨の育児はハードモード

送迎では濡れるし、室内遊びはネタ切れ。梅雨の育児はハードモードのタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆  
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。

Q.雨の日育児は何が大変?

送迎では濡れるし、室内遊びはネタ切れ。梅雨の育児はハードモードの画像1

※2020年6月17日〜18日(コノビー公式Twitterより)

最多回答は、「園の送迎」


1位は「園への送迎」(49%)でした。

雨だと濡れるし、自転車で送り迎えをする人はレインコートを着るめんどくささがあります。

2位は「遊びのネタがない」(33%)、3位は「洗濯できない」(16%)が続きました。

雨続きの日ほど、汚して帰ってくるのはなんで〜?



自転車での送迎は、濡れる、汚れる、蒸れるを覚悟


日本の多くの地域では梅雨真っ只中。

紫陽花が美しいし、お気に入りの雨具の出番だしいい面はあるものの、育児の難易度レベルは一気に上がる気がする…。

アンケートのコメント欄には、

「雨粒に戦いを挑む(ビショ濡れ)」

「湿気と足の裏の脂が混ざってフローリングべたべた…」

など、雨の送迎で苦戦する様子が綴られています。

気持ちが痛いほどわかります。

筆者はレインコートを着て自転車で片道15分を移動していますが、濡れる、汚れる、蒸れるの三拍子が揃っていてなかなかにつらい。

室内遊びのネタ切れについても共感しかありません。

トランポリンをはねて過ごすのにも限界がありますね(汗)

梅雨明け、まだかなぁ。

アンケートにご協力くださり、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 送迎では濡れるし、室内遊びはネタ切れ。梅雨の育児はハードモード