妊婦になってまず驚いたのは、テレビドラマや映画でよくあるあの『妊娠』の表現方法である。

「うっ…!」

と唐突に口元を掌で抑えてトイレに駆け込む現象の事だ。

テレビのうそつき。

それは私が初めて妊娠した30歳の時。

とても幸運な事に、妊娠することを望んでからそう時間もかからずにおなかにやって来た我が子に戸惑いながらも喜んでいた妊娠6週目頃。

その時私は猛烈に眠かった。

とにかく眠い。

私は困惑したが、仕事は毎日のこと、まさか「眠いんです」という野比のび太みたいな理由で欠勤などできるはずがあろうか。
いや無い。反語表現で。

まだ胎児エコーにぽっちりとした豆としてしか映らない小さな我が子が

「お腹から落っこちたりしないだろうか」

初産婦らしい心配で脈拍を乱高下させながら、通勤中は電車の吊革につかまりつつ眠り、事務作業中に眠気が行き過ぎてパソコンのキーボードに頭を打ち付けた。
睡魔のせいで。

ついには眠気に負けて、開いている会議室に勝手に入り込んで椅子4つ並べて転がる『生きる屍』と化した私は、ついにある日ビル内を順番にお掃除してくれているマダムをビビらせた。

「アンタどうしたの!具合悪いの?大丈夫?」

河岸のマグロの如く会議用の椅子に転がる私にまずは驚き次に心配して叫んだマダムに、いえその実は妊娠したら何故だか猛烈に眠たくて特に午後は体が縦にならないんですとゾンビの如く起き上がりながら答えたら、既に孫もいると言うそのマダムが

「それもつわりよぉ~」

笑いながら教えてくれた。

そうなんですかマジですか。