1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ママの仕事
  6. >
  7. 長時間労働が良しとされる社会で、子育てしながら働くこと

長時間労働が良しとされる社会で、子育てしながら働くこと

長時間労働が良しとされる社会で、子育てしながら働くことのタイトル画像

小学3年生と4歳、2児の母である赤谷さん。第一子を出産した直後にリウマチを発症し、その後に職場復帰。必死になって働く中で、入社時の夢を叶えるも、どこかで無理をしていると気づいたといいます。その後、赤谷さんが選んだのは…


「現代の親」をとりまく社会環境はまさに変革の過渡期。

仕事にもとめることや育児に向き合う姿勢も変化する現代において、親たちは人生の中の大きな存在である「働く」をどのように見つめているのか。

決して特別ではない等身大の日々を生きる方に、人生の分岐点となった出来事を語っていただく『あの日の選択』

第2回はキャリアコンサルタントの仕事に携わる赤谷麻愛さん(39歳)にお話を伺います。


出産前は企業のマーケティング部門で忙しく働いていましたが、長男(小3)の出産直後に30歳で「リウマチ」を発症。

持病を抱えながらもフルタイムで復帰し、仕事で成果をあげるため奮闘。入社時の夢を叶えることができました。


そんな中、長時間労働が良しとされる社会への違和感や、体力的な限界も感じたという赤谷さん。

2人目の長女(現在4歳)育休復帰後に36歳で退職を決め、新たな道へ踏み出しました。


今、当時を振り返って思うことについて、お話を伺いました。



憧れのあの人の元で働きたい

―― 新卒の入社時には、「憧れの存在」がいたと聞きました。

はい、そうなんです。

就職活動をしていた頃、とある雑誌の記事で、この人みたいになりたい!という女性を見つけました。

マーケティングの第一人者として企業で重要なポジションにつき、子どもを産んで働いているというのが素敵だなと憧れて、ぜひ彼女の元で働いてみたいと思いました。
彼女が勤める企業の市場調査室に入るぞ!と、目標を設定して入社し、マーケティングリサーチの仕事にも就くことができました。

入社した企業は、ダイバーシティや女性活躍を割と早く打ち出していました。

なので、ここなら女性でも活躍できるんだろうなと漠然と思っていました。



長時間労働が良しとされる社会で、子育てしながら働くことの画像1
pixta_49397673_M

仕事が一番のっている時に出産


―― 入社から子どもを産むまでの、お仕事の状況は?

夫は学生時代の同級生で社会人になってからもお付合いを続け、28歳で結婚しました。

会社の組織の中でこうすれば仕事がうまく行くんだ!と30歳手前ぐらいで、すごくわかった瞬間があって。

仕事が面白くなってきて、海外とのやりとりもあったので、まさに24時間働いていました。


でも、子どもは欲しいと思っていて、自然にまかせ妊娠したときが産み時だと思っていました。

そして妊娠したのが30歳。


妊娠中の経過は順調すぎるという感じで、バリバリ働いていましたね。

でも、産後に身体がおかしくなってしまったんです。



産後にリウマチにかかり、寝たきりに


―― 産後に何が起こったんですか?

最初は授乳で寝不足なのかな?腱鞘炎?くらいに思っていました。

それにしては、体中が痛く、動けない…というようなひどい状況になっていき、「関節」「痛い」で検索してみたら、「リウマチ」が出てきて、あぁこれだなとすぐに分かりました。

リウマチは体中の関節が炎症を起こす病気です。

赤ちゃんも抱っこどころじゃなく、1ヶ月健診にも行くのがやっとでした。


病気になったことや、とにかく痛いこともショックでしたが、調べれば調べるほど、30代の女性がなりやすいということが書いてあり、そういうことを全く知らなかった自分にもすごくショックでした。

これまでマーケティングもやっていたし、教養みたいなところも含めて情報を集めて知ってるという自負があったんです。


それなのに健康という一番大事なことについて何も知らなかった自分のことも、こういう事を誰からもどこからも教わらなかったということもショックでした。


本当にひどい時は、立てないし歩けない。

少し回復して保健所のイベントに行くも、皆と同じように一緒にべたずわりもできない。

薬の影響もあり、完全ミルクだったので、母乳の話にもついていけず置いてけぼり。


じっと痛みに耐えることしかできなくて、泣けました。

健康じゃないと、本当に生きていけない。

働く事も出来ない。


ベースがゆさぶれたことで、健康の意味を改めて考え直して…。

それが今の原体験になっている気がします。



この記事を書いた人
現代育児リアルボイス『あの日の選択』の画像
現代育児リアルボイス『あの日の選択』

決して特別ではない等身大の日々を生きる方々に、子育てする中で人生の分岐点となった出来事を語っていただくコノビーの「インタビュー企画」です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ママの仕事
  6. >
  7. 長時間労働が良しとされる社会で、子育てしながら働くこと