1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. ママだって出来てない!娘に指摘されてドキッとした、胸を張っては言えない私の言動

ママだって出来てない!娘に指摘されてドキッとした、胸を張っては言えない私の言動

ママだって出来てない!娘に指摘されてドキッとした、胸を張っては言えない私の言動のタイトル画像

5歳になったわが家の娘。観察力が鋭いと感じていたのですが、最近ますますその力に磨きがかかっているよう…私の言動を度々注意してくるのです。いま一度、自分の振舞いに気をつけなければと感じる毎日です。


わが家には5歳になる娘がいます。

最近、観察力が鋭くなり、細かなことにも気がつくようになりました。

私の行動を見て

「食事中にヒジをつかない!」
「空いたグラスは台所へもっていく!」

など普段私が娘に注意していることを、私自身が怠っていると、ここぞとばかりに指摘してきます。

結果、私自身、気を付けなければいけない言動が多々あることに気がつきました。

娘の指摘がきっかけで気がついた、そんな言動の数々を紹介します。


ママだって出来てない!娘に指摘されてドキッとした、胸を張っては言えない私の言動の画像1
pixta_62744187_S

適当にしていた返事


おしゃべり大好きな娘。

娘との会話は楽しい時間ですが、忙しいときや考えごとをしていると、つい適当な返事をしてしまいます。

「ふーん」
「へー」
「そーなんだ」

など…

どんな話題にでも当てはまるであろう相槌をうって、しのごうとしています。

そんなときは大抵、娘からこう言われるのです。

「ふーんじゃないの!」
「聞いてないでしょ!?」

図星なのですが、悪あがきして「聞いてたよ」と返してみることも。

しかし、娘は騙されません。

「じゃあどっちなの!?」

その日は、どうやら選択クイズだったよう。

観念して話を聞いていなかったことを謝りました。

たとえ、つじつまが合った相槌をうっていたとしても、「その返事いやなの!」と怒られることが頻繁にあります。

返事のトーンで話題に関心がないとわかるみたいです。


そんな娘の指摘によって、心配になったことがあります。

それは「娘以外と話しているときにも、気のない返事をしているのかも」ということ。

実は思いあたるふしがあるのです。

友だち3人で会話している際、話している人物が、私ではないもう1人の顔ばかり見ているなと感じることがあります。

アレはひょっとすると、あまり話を聞いていないことがバレていたのかも…!

今では娘とおしゃべりするときはもちろん、ママ友たちと会話するときも、別の考え事はしないよう気をつけています。


ママだって出来てない!娘に指摘されてドキッとした、胸を張っては言えない私の言動の画像2
pixta_33606640_S

幼いころからの”クセ”


私は子どものころから、唇をさわるクセがあります。

もう30年以上付き合ってきたクセ。

成長とともに回数は減ってきたのですが、考え事をしているときなど、今でも気がつくとさわっています。


ある日、娘にも爪を噛むクセがあることに気がつきました。

一度クセが習慣づくと、止めるのは難しいと身をもって感じていた私。

娘に注意しましたが、「いいの!しちゃうの!」と反抗的な態度。

そこで、こう提案してみました。

「じゃあ、ママはあなたが爪を噛んでいたら注意するから、あなたはママが唇をさわっていたら注意するのはどう?」

この提案に納得した娘。

その日から、お互い気がついたときには注意するようになりました。


あれから約1年、娘の爪を噛むクセはすっかりなくなりました。

しかし、私はというと…

いまだに「ママ、コラッ、唇さわってる!」と注意されています。

時には5分に1回くらいのペースで「コラッ」と指摘されることも。

娘はとっくに止めているのに情けない…。

娘が協力してくれているのだから、頑張って止めなければ!と思う日々です。


ママだって出来てない!娘に指摘されてドキッとした、胸を張っては言えない私の言動の画像3
pixta_16388708_S

意図せずニヤけている自分


他にはこんなことも…。

娘からはよく

「笑ってるで!」
「しゃべってるで!」

と言われます。

指摘されるまで気が付かなかったのですが、どうやら私は、考え事をしているときにニヤついていたり、口をモゴモゴ動かしたりしているらしいのです。


私には、幼いころから妄想癖がありました。

たとえば「今度友だちにこの話しよう!」と思ったときには、実際に話しているシーンを想像したり。

「さっきの店員さんにクレーム言えば良かった!」と後悔したときは、時間を巻き戻して文句を言っているシーンを想像したり…といった具合。

長年のクセで、場所を問わず無意識に妄想してしまっているのです。

以前、夜に電車に乗っていたとき、暗い窓に映った自分の顔がニヤついていて慌てたことがあります。

でも当時は「たまたまニヤついていただけ…」くらいにしか思っていませんでした。

それが娘に指摘されるようになり、1日に2、3回はひとり言を言ったり、ニヤニヤしていることがわかったのです。

回数の多さに驚きました。


先日、二人で入浴中「いま、太ってるって言ったね?」と娘。

たしかにそのとき、「久々に会った姉がえらく太ってたなー」と思い出していました。

ちょっと笑っていたり、口がモゴモゴ動いたりするくらいならまだしも、内容がわかるくらい声が大きかったなんて!

もし娘の幼稚園でこのクセが出たら、他のママさんたちに良い印象は与えないでしょう。

娘の印象にまで影響を与えたら…と心配になり、直さなければと考えています。


ママだって出来てない!娘に指摘されてドキッとした、胸を張っては言えない私の言動の画像4
pixta_33037367_S

誰よりもママを見ている娘


意外にも、これまで娘以外の人から注意されることはありませんでした。

親からも、夫からも、友だちからも…。

気がついていないのか、気がついても言わないのか。

もしくは娘以外の人といるときは、クセがあまりでていないのかもしれません。

けれど、確実に言えるのは、”娘は私を誰よりも見ている”ということ。


生まれたときからずっとママが大好きで、つねに目で追っている娘。

5歳になった今でも、食事中やテレビを見ているとき、ピアノを練習しているときだって、チラチラ、チラチラ、私を見ています。

だからこそ、私の言動に周りの誰よりも敏感なのでしょう。

クセだけではなく、礼儀作法や言葉遣い、態度など、娘の前だとつい気を抜いてしまいがちな私。

「私の振舞いが娘の手本になっている」という意識で行動しなければと自戒しています。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
カッパの画像
カッパ

2014年に一人娘を出産。人見知りアラフォー主婦。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. ママだって出来てない!娘に指摘されてドキッとした、胸を張っては言えない私の言動