1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>

食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>

食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>のタイトル画像

子どもの離乳食の時間、後の掃除のことばかりが気になって、その場を楽しめなかったというミューさん。そんな時、夫が始めたちょっとした遊びに、心が少し軽くなったお話です。

食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>の画像1
食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>の画像2


こんにちは、1歳児子育て中のミューといいます。

子どもが生まれてから、着替え・食事・昼寝・散歩・掃除・お風呂・寝かしつけ……、毎日ルーチンを崩さないよう同じことを繰り返す毎日ですよね。

毎日の家事育児の中で私が1番気分が落ちるのは、圧倒的に回数が増えた『掃除』でした。

おやつを食べた後、足元に散らばった食べ物のかす。

よだれや麦茶が点々と垂れたあと。

頑張って掃除してもごたつきが残ってしまうリビングをみて、がっかりしてしまいます。


子どもが離乳食を自分で食べようとするようになってから、一層掃除の手間が増えました。

食事のあと、子どもの手と口を洗い、食べこぼしや投げられたごはんを拾い、手掴みした手で掴んだ机や椅子を水拭きし…etc…


あとで掃除することを考えながら子どもの食事をみていると、ちぎったパンを食べずにポイしたり、手をお皿につっこんでかき混ぜるたびに、『あ、これもあとで忘れずに拾わなきゃ』と後始末のことばかり考えてしまいます。

本当は辛抱強く子どもの試行錯誤にも付き合ってあげたいのに、気持ちの余裕がなくなってしまいそうなときがあって、だめだなあと落ち込んでいました。

そんなときに少し気持ちを楽にしてくれた遊びがありました。


食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>の画像3
食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>の画像4
食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>の画像5


夫の滑稽なアテレコを聞いていると、狭くなっていた視野がだんだんと広がって、子どもが一生懸命な顔をしていること、興味津々で楽しそうに食べ物を触っていることにも思いをめぐらせられるようになりました。

そして実際、夫のアテレコの内容は、(大袈裟かもしれないにせよ)子どもの頭の中とそうかけ離れてはいないかな、なんて思ったり…。

それからというもの、子どものごはんをしていて『うーん…』と憂鬱になってきたときは、夫に声をかけています。


食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>の画像6


子育ての雑務が減ったわけじゃありません。

でも夫の遊び心のおかげで、少し心の余裕が取り戻せることがあります。

色々な便利道具で家事育児の手間を省くことも大切ですが、こうした小さなおまじないのようなことを重ねて、日々をのらりくらりと乗り越えていきたいと思うのです。



(ライター:ミュー)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 食べずにポイ!の離乳食…夫の機転で、ため息が笑みに変わったとき<第四回投稿コンテストNO.78>