1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 諦めていたのは私。「見ているだけ」だった夫の、本心を知った日<第四回投稿コンテストNO.77>

諦めていたのは私。「見ているだけ」だった夫の、本心を知った日<第四回投稿コンテストNO.77>

諦めていたのは私。「見ているだけ」だった夫の、本心を知った日<第四回投稿コンテストNO.77>のタイトル画像

育児に関して「夫はいつも見ているだけ」と感じていた、みーこさん。しかし、ある日の夫の意外な行動で、本心を知ることになったそうです。今はしっかりサポートしてくれる夫に変わった、そのきっかけとは…

諦めていたのは私。「見ているだけ」だった夫の、本心を知った日<第四回投稿コンテストNO.77>の画像1
諦めていたのは私。「見ているだけ」だった夫の、本心を知った日<第四回投稿コンテストNO.77>の画像2
諦めていたのは私。「見ているだけ」だった夫の、本心を知った日<第四回投稿コンテストNO.77>の画像3
諦めていたのは私。「見ているだけ」だった夫の、本心を知った日<第四回投稿コンテストNO.77>の画像4
諦めていたのは私。「見ているだけ」だった夫の、本心を知った日<第四回投稿コンテストNO.77>の画像5


長男が生まれたばかりの頃、初めての育児でてんやわんやの私を横目に夫はいつも見ているだけ。

「ありがとう」とは言ってくれるものの、なんだか腑に落ちない日々を過ごしていました。


一方で、私も母親なのに自分から助けを求めるのは恥ずかしいという変な意地をはってしまい

「全然大変なの気がついてくれないし…」
「声かけてくれないし…」
「夫は育児に関心がないんだ…」

と話し合いの機会を持つことなく決めつけてしまっていたのです。


しかし長男が私におもちゃをぶつけてしまったことを、感情的に怒る訳でもなくちゃんと叱ってくれたこと。

それを期に育児への気持ちを聞くことができ、我が家の育児は変わりました。


私は変な意地や「気づいてほしい」を辞め、「このときはこうしてほしい」と具体的にサポート方法をお願いするように。

夫はそれらのお願いを受け止めてくれ、徐々に手伝ってくれるようになったのです。

そして今ではすっかり我が家の育児は2人体制になりました。

もっとも普段のふれあいが少ない分、夫はアメとムチのアメが多めでいいとこどりですが…(笑)


今は子ども達が小さいこともあって、育児に関しては私がリーダーで夫はサポートに回ってくれていますが、成長と共に夫がリーダーになることもあるのだろうなと思います。

そのときはまた夫婦で話し合い、2人で子どもたちの背中を見守っていきたいなと思っています。



(ライター:みーこ)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 諦めていたのは私。「見ているだけ」だった夫の、本心を知った日<第四回投稿コンテストNO.77>