1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2歳児
  6. >
  7. ママが入る隙ナシ!?娘がパパ大好き~♡になったワケ<第四回投稿コンテストNO.71>

ママが入る隙ナシ!?娘がパパ大好き~♡になったワケ<第四回投稿コンテストNO.71>

ママが入る隙ナシ!?娘がパパ大好き~♡になったワケ<第四回投稿コンテストNO.71>のタイトル画像

えにゅっこさんの夫と娘さんは、仲良し親子としてご近所でもちょっと有名だそうです。パパ大好きっ子になった理由とは…?


皆さん初めまして。

えにゅっこと申します。

パートナーへ「ナイス育児!」と叫びたい瞬間は、ぶっちゃけ「常に」。

大げさでも見栄っ張りでもなく、「常に」です。

理由は、私の入る隙がないくらいパパと娘の絆が深すぎるところにあります。


ママが入る隙ナシ!?娘がパパ大好き~♡になったワケ<第四回投稿コンテストNO.71>の画像1
pixta_47999650_S


朝一番。

添い寝していた私にさらっと挨拶をすませた娘は、お気に入りのぬいぐるみを小脇に抱えてパパが眠る2階の主寝室へ駆け寄ります。

「ぱぱちゃん、おはよぉ。(はぁと)こけこっこ~!あっさでっちゅよ~!」

私への挨拶よりも1オクターブくらい高いぶりっ子ボイスでモーニングコール&容赦無く電気のリモコンをON。

「うぅん…おはよぉ~…」寝ぼけ眼ながらもなんだか嬉しそうなパパ。

…これが我が家のいつもの朝の光景。

もちろん、パパ出勤前に娘が大号泣するのももれなくセットです。

もうすぐ2歳半になる娘とパパは近所でもちょっぴり有名なくらい超仲良し。

「パパっ子になってもらえたら良いな~とは思ってたけど、まさかここまでとはねぇ~!」とびっくりしてしまうほど。

どうしてこんなにパパっ子になったのか?

せっかくの機会なので私なりに紐解いてみたいと思います。


寝かしつけ担当大臣に自ら立候補


娘が乳児期の頃の寝かしつけはパパにお願いしていました。

(どうしても寝てくれないときは添い乳)

「私の睡眠時間の確保と、仕事で日中家にいないから…」と積極的にやってくれた事は今でも本当にありがたく思っています。

お昼寝の途中で娘が起きてしまった時もパパの抱っこが大活躍。

パパの温もりと安定感ある抱っこであっという間に寝付くので、小さい頃の写真を見返すとパパの胸元で気持ちよさそうに眠る娘の写真がたくさんあります。


子どもとの距離感が絶妙


何気ない瞬間が可愛くて「だぁ~かわいぃ~っ!」って、つい駆け寄りたくなる時ってありませんか?

私はそれをやって娘から拒絶されてしまうことがちょいちょいあります…。

パパは自分の感情任せにしないで平常心。

「来たいならおいで~」くらいのスタンスで「求められたら無条件に受け止める」という姿勢を崩しません。

「ぱぱちゃん…だっこ…」と懇願された時の拒否権は無いようです(!)


子どもの気持ちに寄り添うのが上手すぎる


2歳半、お察しの通り現在イヤイヤ期真っ只中の娘。

イライラすることも増えてくる時期ですが「これがしたかったの?じゃあこうしてみるのはどうかな?」など、気持ちの代弁がとっても上手い。

めちゃくちゃ上手い。

もちろんイヤイヤ大爆発で歯が立たない時もあるけど、まるで高級シルクを扱うのかような真摯な対応力には頭が上がりません。

(夫はIT関係の普通の会社員)

ここまでくると「…ママの肩身、狭っ!」って思った方もいらっしゃるかもしれません。

実は意外にも「入る隙がないほど愛情の深さがある」がゆえに、私が助かっている事もあるのです。


ママが入る隙ナシ!?娘がパパ大好き~♡になったワケ<第四回投稿コンテストNO.71>の画像2
pixta_50175212_S

私の家事、趣味の時間を確保できる


お絵かきなどの室内遊びも基本的にパパと一緒なのですが休日のお散歩もパパと娘のニコイチがデフォルト。

その間、私は「鬼の居ぬ間に洗濯」と言わんばかりに掃除をしたり私の趣味である料理に没頭します。

この時間を工面してもらえる事がストレス解消になり、とってもと~ってもありがたいのです…!

最近では私と娘で散歩しているとご近所のマダムから「あら、今日はパパと一緒じゃないのね」と言われるほどになりました。

…むしろママの方がレアキャラってことね?

良いもん、夫と娘の胃袋はがっちり掴んでるから♪


ママが入る隙ナシ!?娘がパパ大好き~♡になったワケ<第四回投稿コンテストNO.71>の画像3
pixta_48106298_S


そんなこんなで、着実に安心と信頼を構築して愛情という実績を積み上げていったパパ。

パパからのちょうど良い塩梅の愛情を受けてすくすく育つ娘。

そんな愛しい二人のためにお散歩の帰宅時間に合わせてスイーツを作る私。


夫「ただいまー!2時間半ずっと抱っこだった~」

娘「楽しかった~!」

私「おかえりー!お疲れ様。アップルパイ出来てるよ~」

夫&娘「やったー!食べる~♪」


夫のナイス育児は常に現在進行形。

我が家には欠かせない円滑油となっています。

いつもありがとう~!



(ライター:えにゅっこ)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2歳児
  6. >
  7. ママが入る隙ナシ!?娘がパパ大好き~♡になったワケ<第四回投稿コンテストNO.71>