1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>

ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>

ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>のタイトル画像

赤ちゃんと2人きりの時間が長かったわさびさん。夫は子育てをどこか他人事のようにとらえているように感じ、イライラすることもあったそうです。

ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>の画像1
ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>の画像2
ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>の画像3
ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>の画像4
ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>の画像5
ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>の画像6
ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>の画像7
ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>の画像8
ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>の画像9


娘が産まれてからずっと、一日中赤ちゃんと一緒の生活で、自分だけがひとりで子育てしている気になっていました。

気になることがあればすぐに検索し、育児書の通りに進んでいないと焦ったり、誰かと比べたり、落ち込んだり…。

夫が休みの日や時間があるときには、娘について話したりはしましたが、なんとなく他人事のように聞いている夫にイライラしたりもしました。


「わたしひとりだけが親になったんじゃないんだけどな…」

そう心のどこかでいつも思っていました。


だけど、わたし以上に娘の寝返りにすごく喜び、仕事を切り上げて帰ってきた夫。

夫はもうきっとずーっと前から「娘の父親」だったんです。


それがわかってからは育児にも上手く気を抜けるようになり、なによりわたしの心が軽くなりました。

何かあったときでも、親はわたしひとりじゃない。

ふたりいれば、きっと乗り越えられるだろうと。


結局、娘の寝返りはすぐには見れませんでしたが、夫が娘の寝返りを見るためだけに帰ってきた日を、わたしは忘れません。



(ライター:わさび)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. ずっと、ひとりで育児していると思ってた。でも違ったんだ<第四回投稿コンテストNO.53>