1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 沐浴でまさかのミス…!夫のとっさの行動にたくさんの愛が詰まってた<第四回投稿コンテストNO.35>

沐浴でまさかのミス…!夫のとっさの行動にたくさんの愛が詰まってた<第四回投稿コンテストNO.35>

沐浴でまさかのミス…!夫のとっさの行動にたくさんの愛が詰まってた<第四回投稿コンテストNO.35>のタイトル画像

子どもが生まれる前の夫はパートナーとしては最高。でも父親としては?そんな疑問を吹き飛ばすきっかけとなった、ある日の出来事をしらたまさんがつづってくれました。


私の育児パートナーである夫は、妊娠中から私をとても気遣ってくれる人でした。

つわりで何も食べられないときも、精神的にガタガタだったときも、意味も無く涙が止まらず八つ当たりしてしまったときも、決して責めることなく優しく受け入れてくれました。

なんて恵まれているのだろう、と心から感謝する一方で、私には疑問に感じることがありました。

夫は私には良くしてくれる。

では、子どもには、どのように接するのだろう?

どんな風に可愛がるのだろう?

もちろんお腹の中の子どもに話しかけたりする姿から、子どものことも大事に思ってくれているのはわかっていました。

きっと子育ても一緒に頑張ってくれると信じていましたが、それはあくまでも予想でしかありません。

あんまり期待しすぎても、その期待が裏切られたらつらいなあ、とさえ思ったこともありました。

「夫」としての彼なら、よく知っているつもりです。

しかし彼が、どのような「父親」になるのかが、うまく想像できずにいたのです。


沐浴でまさかのミス…!夫のとっさの行動にたくさんの愛が詰まってた<第四回投稿コンテストNO.35>の画像1
pixta_50353162_S


ことは、私と息子が退院してから2週間ほど過ぎたある日に起こりました。

我が家では、リビングのテーブルにベビーバスを持ってきて沐浴を行っていました。

夫が在宅の時は二人がかりで、主に夫が息子を支え、私が身体を洗っていました。

最初はおっかなびっくりだったものの、毎日行っていれば少しは慣れてきます。

そのため、二人とも油断をしていたことは否めません。

いつものように息子を裸にし、夫が息子を抱き上げ、ベビーバスに近づきます。

私も沐浴に必要なものを揃え、今日もチャチャッと洗いますかと顔を上げたその時です。

私は目撃してしまいました。

夫に抱かれる息子の股から、水芸のごとく、おしっこが噴き出すその瞬間を…!!!

やばい!

そう思いましたが、今から動いたところで間に合いません。

夫もすぐに異変に気がつきました。

けれど、乳児をしっかり抱えたままでは、どうすることもできません。

「「あーーーーーっっ!!!」」

夫と私の絶叫は見事にシンクロし、その場に響き渡りました。


沐浴でまさかのミス…!夫のとっさの行動にたくさんの愛が詰まってた<第四回投稿コンテストNO.35>の画像2
pixta_58692586_S


弧を描くおしっこの動きはスローモーションに見え、これから起こるであろう惨事が易々と目に浮かびました。

あっこれ床べしょべしょになるやつやな。

このあとカーペット掃除大変だなぁ。

しょうがないね、こんなこともあるよね…ホントにやらかすとは思わなかったけど…

もはや諦めの境地だったのでしょうか、妙に冷静に様々なことが頭を過った気がするのですが、実際に私が出来たのは、間抜けな声を上げることのみでした。

しかし、夫は違いました。

彼は、絶叫のさなか、咄嗟に息子の身体をぐっと抱き寄せました。

息子のおしっこは止めることはできない、ならばせめてとおしっこを堰き止めようとしたのです。

自身の衣服を犠牲にすることで。

私たちの絶叫が止んだ後も、しゃー……というか細い放尿音は途絶えていませんでした。

その音ごと、夫のジャージが吸い込んでいきます。

私も彼も為す術なく、部屋着がじっとり濡れていく様を見つめるほかありませんでした。

やがておしっこは止まり、静寂に包まれるリビング。

後に残るはスッキリ排尿して満足そうな息子。


沐浴でまさかのミス…!夫のとっさの行動にたくさんの愛が詰まってた<第四回投稿コンテストNO.35>の画像3
pixta_41667763_S


その光景がシュールすぎて、夫には申し訳ないですが、思い切り笑ってしまいました。

つられた夫も裸の息子を抱えて大笑い。息子本人は「何でこの人たち笑ってるの…?」と言わんばかりの表情できょとんとしていました。

夫の犠牲のお陰で床はほとんど被害ゼロ。

服を洗濯するだけで済みました。

のちに当時の行動について聞いてみたところ、「あの瞬間、これはもう受け止めるしかないと思った」とのこと。

私にとってこの出来事は、夫が「いざというとき、そういう行動ができる人」ということを知ることが出来た経験として、強く残っています。

突然の放尿という惨事を予測し、オムツをギリギリまでつけておくなり、飛び散らせないようガードをつけるなり、他に取るべき対策があっただろうと今なら思うのですが…。

それでも、「おしっこでさえ受け止める」という気概を見せた彼を、誇らしく思います。

おしっこで床が汚れるのを防いだファインプレーというだけでなく、文字通り、息子を全身で受け止められる人だと、はっきり理解できたのです。

この人となら何があってもこの子を育てていける。

一緒に頑張っていける。

息子のことを、一生懸命に支えてくれる。

そんな風に感じられた出来事でした。


沐浴でまさかのミス…!夫のとっさの行動にたくさんの愛が詰まってた<第四回投稿コンテストNO.35>の画像4
pixta_61214068_S


あれから半年。

今日も夫と私は、一緒に育児を頑張っています。

夫は縦横無尽に動き回る息子と遊び、お風呂に入れ、寝かしつけてくれます。

そしていちいち心配性な私の話を聞き、大丈夫だよと安心させてくれます。

「ナイス育児!!!」と叫びたい経験が増えていく日々です。

それでも、一番心に残っているのはあの沐浴前の出来事です。

今でも思い出したように「あのときの夫はすごかった」と口にすることがあります。

その度に、この人となら育児を頑張っていける、と感じたことを思い出し、原点に帰った気持ちになるのです。

息子が大きくなったら、語り継ぐつもりです。あなたのお父さんは、あなたのことを愛しているんだよ、と。


(ライター:しらたま)


コンテストご応募は2020年5月31日まで!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 沐浴でまさかのミス…!夫のとっさの行動にたくさんの愛が詰まってた<第四回投稿コンテストNO.35>