1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 家族に挨拶はいらないと思っていた私を、180度変えたきっかけ<第四回投稿コンテストNO.20>

家族に挨拶はいらないと思っていた私を、180度変えたきっかけ<第四回投稿コンテストNO.20>

家族に挨拶はいらないと思っていた私を、180度変えたきっかけ<第四回投稿コンテストNO.20>のタイトル画像

「家族間では気を使わなくていい」という家庭で育ったママンレーヌさん。しかし今では、家族と交わす「おはよう」のやりとりをとても大切にするようになったそうです。


朝起きて、家族が顔を合わせたらまずおはよう。

夜、休むときはおやすみ。

当たり前な挨拶から一日が始まり、終える。

この挨拶の習慣を、家族にもたらしたのは、主人だ。


私の生まれた家では、家族同士で挨拶をする習慣がなかった。

それだけでなく、家族内では、気を使わなくていい、という暗黙の謎ルールが横行しており、「ありがとう」という言葉もついぞ、使ったことがなかった。

私自身、あまりそういう基本的な礼儀が身についてない、かわいげのない子どもだったと断言できる。

主人と結婚した当初、「挨拶は、社会生活の基本的な礼儀だ」と、言われると、「貴族かよ!」と反論するような、野蛮人に成長した。


家族に挨拶はいらないと思っていた私を、180度変えたきっかけ<第四回投稿コンテストNO.20>の画像1
pixta_65154663_S


長女が生まれて、私は初めての育児に疲労困憊した。

落ち武者のように、よたつきながら、家事、育児をする私に、主人は、「おはよう、いってきます。ただいま、おやすみ」と、言い続けた。

疲れ切った私は、「優雅に挨拶する余裕などないわぁ!」とますます、荒ぶった。

主人は、決して円満な人格ではないのだが、私が無視しても、挨拶の習慣を欠かさなかった。

なんて、憎らしい嫁なのだろう、とつくづく感心する。

「ただいま」と言われたら、「おかえり」くらい言えばいいいではないか。

そんな余裕のない育児ばかりしていたが、今、中学生の長女と小学生の長男は、ちゃんと挨拶をする人間になっている。


これは間違いなく、主人のおかげだ。

主人に影響されて、私も挨拶を覚え、子どもたちに、声掛けをするようになった。

反抗期前というのもあるのかもしれないが、子どもたちは、親が挨拶をして、無視することはまず、ない。

おはようと言い、おはようと応える。

ただ、それだけのことが、家族の一日の始まりの合図になるのだ。

挨拶を常に省略する実家では、そんなものなのだ、と気にならなかったが、今、親になって思う。


「起きたんだね。よく眠れた?」

「元気な声だね。今日も頑張っていこうぜ。」

そんな思いを瞬間的に「おはよう」の一言に込めている。


家族に挨拶はいらないと思っていた私を、180度変えたきっかけ<第四回投稿コンテストNO.20>の画像2
pixta_34409589_S


私の両親は、共働きで常に忙しがっていた。

子どものことにはあまり、関心を持たなかった。

私の成績が良くても悪くても、別段構わないようだった。

習い事をしたことはないし、塾も行ったことがない。

旅行に行ったことも、映画に連れて行ってもらったこともない。

風呂に一緒に入って、おしゃべりをしたこともない。

そのくせ、主人と結婚するとき、「結納金が少ない」と、嫌味を言うような人たちだった。

私は、自分の生まれた環境がイヤだった。

それなのに、かつての文化を持ち込むところだった。

子どもは、親の愛情を、敏感に感じ取る能力がある。

挨拶をする、感謝の言葉を述べる。

それは、気取りでもなんでもないことだったのだ、と、私はひざをポンと打ちたかった。

大事に思っていることを日常的に、気軽に示せる格好のチャンスなのだ。

そんなチャンスを逃すなんて、もったいない。

主人は、それを知っていたのだろうか。

いや、多分、そんな深淵な考えはない。

ただ、この御仁は自分の親にそう育てられたから、自分も疑問を持たずにそのように接しているようだ。

自分がされてうれしかったこと、それを元に接するという、シンプルで手抜き感さえ漂う流儀。

子育てに正解がないなら、模索してじたばたするより、自分の「快」と感じてきたことを子どもと共有するのは、理にかなっているのかもしれない。


家族に挨拶はいらないと思っていた私を、180度変えたきっかけ<第四回投稿コンテストNO.20>の画像3
pixta_62655464_S


おはよう(元気な子どもたちよ、さっさと朝ごはんを食べるのだ。)

いってらっしゃい(気をつけてね、あそこの家の猫に構って遅刻するんじゃないよ。)

おかえり(ささ、早く塾に行くんだ!)

おやすみ(もーう、金曜ロードショーに夢中になってないで、さっさと寝なさい。)

たった一言の挨拶に、万感の思いを込めて、私は、挨拶をこまめにする。


ありがとう(大事なこと、あなたは教えてくれたよ。) 



(ライター:ママンレーヌ)


コンテストご応募は2020年5月31日まで!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 家族に挨拶はいらないと思っていた私を、180度変えたきっかけ<第四回投稿コンテストNO.20>