1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 「この子はデキないから、周りに申し訳ない」のは、思い込みだった<第四回投稿コンテストNO.17>

「この子はデキないから、周りに申し訳ない」のは、思い込みだった<第四回投稿コンテストNO.17>

「この子はデキないから、周りに申し訳ない」のは、思い込みだった<第四回投稿コンテストNO.17>のタイトル画像

「ママと離れたくない」と登園に苦戦する娘。お友達を助けることができるようになった娘を、母は誇らしく思っていましたが…。育児に迷える親羊 志水めぇぇさんは4部作で投稿コンテストへ応募してくださいました。4話目です。

「この子はデキないから、周りに申し訳ない」のは、思い込みだった<第四回投稿コンテストNO.17>の画像1


育児に迷える親羊 志水めぇぇと申します。


朝「泣かずにバイバイ」を目標にかかげる、泣き虫年中さんのおやゆび姫。

泣かずにバイバイするだけでなく、渋るお友達と一緒に教室に行くという大きな成長を遂げました。

マイペースな娘に気付かされた母のある感情のお話です。


「この子はデキないから、周りに申し訳ない」のは、思い込みだった<第四回投稿コンテストNO.17>の画像2

「ありがとう」

少なくとも、朝、登園時にこの言葉を掛けられることが皆無だったため、何故か私も少し浮かれていました。

わかってる、娘の手柄です!(笑)


それでもやっぱり嬉しかったんですよ。

娘の成長も、「ありがとう」って言われたことも。

しかし…


キョトーンと…して…た…だと!?


日頃から、人付き合いに関心が薄いというか、塩対応だとは思っていたけど…そうか…キョトーンとしていたのかぁ…


「この子はデキないから、周りに申し訳ない」のは、思い込みだった<第四回投稿コンテストNO.17>の画像3


…ってことかどうかはわかりませんが、つくづく、子どもとは親の手の内に収まらないんだなと思いました。


ここまで読んでいただいた皆様は、もうお気づきかと思いますが、おやゆび姫は、心も体も全体的に幼い感じのお子様なので、幼稚園生活は心配の連続でしたし、実際お友達よりうまくできないことも多くありました。


「この子はデキないから、周りに申し訳ない」のは、思い込みだった<第四回投稿コンテストNO.17>の画像4


あの朝、ママさんから「ありがとう」と言ってもらえたことで、仲間に入る許しをもらったような気がしてたんです。


この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 「この子はデキないから、周りに申し訳ない」のは、思い込みだった<第四回投稿コンテストNO.17>