1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 体重が増えなくても心配しなくて大丈夫。母乳だけで育つ赤ちゃんは、体重増加が緩やかです。

体重が増えなくても心配しなくて大丈夫。母乳だけで育つ赤ちゃんは、体重増加が緩やかです。

体重が増えなくても心配しなくて大丈夫。母乳だけで育つ赤ちゃんは、体重増加が緩やかです。のタイトル画像

母乳だけで育つお子さん専用の成長曲線があること、ご存知ですか?母乳だけで育つお子さんは、時に体重増加が緩やかになりがちです。医療従事者にもまだまだ浸透していない、母乳栄養の子専用の成長曲線。もし1ヶ月健診や6ヶ月健診でミルクを足すことをすすめられたら、まずこの成長曲線でチェックしてみましょう。

母乳育児の子には、母乳育児専用の発育曲線を

母乳で育つ子は、体重が大きくなりがち・・・という認識が多いようですが、中には小柄なお子さんもたくさんいます。母子手帳の成長曲線の一番下のラインを下回るお子さんもいます。「母乳出ていないんじゃないの?」「飲めていないんじゃないの?」「体重の増えが悪いけど、大丈夫?」そのような外野の声にさらに不安が増すことでしょう。



昔に比べると、育児情報はたくさん出回っており、どれが正しいのか迷ってしまいますよね。とりわけ、母乳育児の情報は時に正反対の情報があったりもします。初めての育児だと、なかなか自信をもって「大丈夫!」と言えず、周囲の勧めのままにミルクを追加することもあるでしょう。



全世界にBFH(赤ちゃんに優しい病院)というWHO(世界保健機構)認定の病院があります。その病院では、母乳育児が推進されており、一般の病院に比べると母乳育児率が高くなっています。日本におけるBFHで出生して、母乳だけで育てられたお子さんの成長を追って作られた曲線が「完全母乳栄養児の成長曲線」です。母子手帳に掲載されている成長曲線とは、かなり差があり驚かれることでしょう。順調に発達が進んでいるお子さんは、体重増加が緩やかでも、発育への影響を及ぼす可能性は極めて低いと言えます。



完全母乳栄養で育っているお子さんで、健診などでミルクを勧められた場合には、ひとまずこの成長曲線にお子さんの成長を合わせてみていただけないでしょうか。

体重増加が緩やかでも心配しないで

体重が1ヶ月間全く増えていない、むしろ減っている、というような場合には、何か原因がないのか調べる必要もあるでしょう。しかし、体重がゆっくりでも増えていて



・毎日ニコニコ

・それなりに眠ってくれる

・おっぱいを飲む時にもゴクゴク音を立ててくれている

・1日に7~8回くらいはおしっこが出ている

・発達が順調(4ヶ月で首座り、5~6ヶ月で寝返り、など)



以上の時には、すぐに心配はいらないでしょう。



ウンチが2~3日に1回でも大丈夫です。母乳性便秘といって、体重増加は順調にも関わらず、週に1回しか便が出ないお子さんもいます。便秘が続くと癖になると心配されることもありますが、母乳を飲んだうちのほとんどを吸収してしまうと、便として出にくい場合もあります。



離乳食を開始すると変化が出てくることが多いですから、離乳食が軌道に乗るくらいを目安として様子を見てください。ただし、便がでなくてもガス(おなら)は出ます。ガスが出ることによって腸が動いているという目安にもなります。



もちろん専門的なことは病院に相談するのが良いですが、あまり不安を持ち過ぎずに赤ちゃんを育てていってくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 授乳・ミルク 母乳育児

この記事を書いた人

utico

福岡で活動している助産師uticoです。
妊婦さん大好き、出産大好きな助産師ですが、2015年IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント)という資格をと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 体重が増えなくても心配しなくて大丈夫。母乳だけで育つ赤ちゃんは、体重増加が緩やかです。