1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 赤ちゃんの「背中スイッチ」を押したくない!“発想の転換”でたどり着いた方法

赤ちゃんの「背中スイッチ」を押したくない!“発想の転換”でたどり着いた方法

赤ちゃんの「背中スイッチ」を押したくない!“発想の転換”でたどり着いた方法のタイトル画像

“背中スイッチ撲滅し隊”隊長が、世界に向けて渾身のプレゼン……!


まいどおおきに!いつか大舞台でプレゼンをしてみたい系オカン、さとえみです。

今回は、太古の記憶を引っ張り出して、皆さんに伝えたいことがあります!

赤ちゃんの「背中スイッチ」を押したくない!“発想の転換”でたどり着いた方法の画像1


赤ちゃんの背中スイッチ……。

赤ちゃんを長時間抱っこして寝かしつけても、ベッドに寝かせたとたんに起きて泣いてしまう現象……。

我が家も、長女が赤ちゃんの頃に手こずっていた時期がありました。


赤ちゃんを抱っこ紐の中に入れて散歩をすると、すぐに寝入ってはくれるのですが、ベッドに寝かせたとたん起きて泣くのです。

百歩譲って、起きてしまうのはいい(よくないけど)。

でも、なぜ泣くのかよく分かりませんでした。


一度起きたとしても、また目を閉じて寝てくれたらイイのに!

なにゆえ顔を真っ赤にしながら泣き叫び、再び寝る雰囲気すらも感じさせないのか……?


それが謎でした。


そして疲れた私は、こう考えるようになりました。

「…ヨコにするからいけないのではないか?」

赤ちゃんの「背中スイッチ」を押したくない!“発想の転換”でたどり着いた方法の画像2


そこから、私の孤独な試行錯誤が始りました。

そしてたどり着いたのが……!

「抱っこ紐のままベッドに縦に寝かせた後、赤ちゃんの自重で少しずつ横にしていく」というやり方です。


まず、クッションを敷き詰めたベッドに、寝入った赤ちゃんを縦のまま「セット」します。

この時に勢いよく赤ちゃんを置いてしまうと、今度はお尻スイッチが発動してしまうので、できるだけゆっくりセットします。

赤ちゃんもしばらくは縦のままで寝ているかもしれませんが、そのうち右か左に倒れ始めるので、そこを補強する要領でクッションを置きます(同時に、いらなくなった側のクッションを抜きます)。

それを繰り返していくと、最終的に赤ちゃんは自分で横になってくれるので、そうなったらあとひといき!

いらなくなったクッションを取りのぞき(抱っこ紐も取れたらなお良し)、布団かタオルケットをフワァとかけてフィニッシュ!


その時によって異なりますが、これにかかる時間がだいたい30分くらい。

しかも、たまにお尻スイッチを押してしまい失敗することもあります……。

完璧な方法ではなく、かつ時間もかかるのですが、当時の私にとっては、究極に疲れている時に起きて泣かれるよりはいい……と思いました。


そして、そうやって寝かしつけた後、自分も力尽きて寝るのです…。

次に赤ちゃんの目が開く時まで…。


きっと人類みな果敢に挑戦しては敗れてきた「背中スイッチ」。

完全に克服するのは……そう、あなたかもしれません……!(ドーン!)


良い方法が見つかりますように!


ほなまたね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
さとえみの画像
さとえみ

ベルギーの片田舎に生息するお絵かき好きの主婦です。
ベルギー人夫ヤンと共に二人三脚で三姉妹を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 赤ちゃんの「背中スイッチ」を押したくない!“発想の転換”でたどり着いた方法