1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 臭くて汚い排水溝!触らずにきれいにする裏ワザ大調査!

臭くて汚い排水溝!触らずにきれいにする裏ワザ大調査!

臭くて汚い排水溝!触らずにきれいにする裏ワザ大調査!のタイトル画像

排水溝のぬめりや臭いは気になりますが、いざ掃除をするとなると憂鬱な気分になってしまいます。しかし調理をする場所に細菌が繁殖するのは不衛生ですし、健康にもよくありません。特に子どものいる家庭では、より衛生面に気を遣いたいところです。そこで家にあるもので簡単に排水溝をきれいにする方法を調べました。

出典:https://instagram.com/p/1dakgMG-Iw/

お酢と重曹

重曹とお酢のダブルパワー(発泡力)で、

汚れを浮き上がらせて、 詰まりを解消することができます。

排水溝に重曹を1カップふりかけ、その上からお酢小さじ2を1カップのお湯に溶いたものをかけます。お酢の代わりにクエン酸を利用しても構いません。



そして重曹が泡立ち始めたら排水溝に蓋をして、10~30分ほど待ちましょう。この泡が排水溝の汚れを浮き上がらせ、掃除時間の短縮に寄与しています。また泡とともに炭酸ガスが発生しますが、無害なので特に気にする必要はありません。



最後に排水溝の上から水道のお湯を流して、お掃除の完了です。

酸素系漂白剤

シンクをきれいに掃除してから、排水溝の周囲に酸素系漂白剤を大さじ2ふりかけます。その上からコップ1~2杯のお湯を少しずつかけると、漂白剤が泡立ちシュワシュワと音を立てるので確認してください。



しばらくそのままにして、排水溝にお湯を流せばぬめりも臭いもきれいさっぱりなくなります。塩素系漂白剤と違い酸素系漂白剤は嫌な臭いもしませんし、リーズナブルで手にもやさしいのでおすすめです。

アルミホイルと割り箸

用意するもの

・アルミホイル

・割りばし

・セロハンテープや輪ゴム

※割りばしでなくても丈夫な長いものならなんでも大丈夫です。

20cmくらいのアルミホイルを割り箸の先に巻きつけ、手でしっかりと握ります。そして輪ゴムやセロハンテープで巻きつけたアルミホイルをしっかりと留め、排水溝のぬめりや汚れが気になる部分を軽くこすってください。これで排水溝がきれいになります。



この後、小さくちぎったアルミホイルを丸めたボールを3~4個作り、ゴミ受けに入れましょう。アルミホイルは水と反応し、抗菌効果のある金属イオンを発生するため、排水溝に臭いがつきにくくなり、ぬめりを予防できます。



このちょっとした工夫が日々のお掃除が楽にするので、ぜひ取り入れてください。

その他の方法

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル 家事 掃除

この記事を書いた人

osanpo

東京でマスコミ関係やIT系の仕事をしていましたが、いまは海辺の街でのんびり暮らしています。毎日、犬とお散歩をするのが生きがい。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 臭くて汚い排水溝!触らずにきれいにする裏ワザ大調査!