1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【プール熱・手足口病・ヘルパンギーナ】夏にかかりやすい子どもの感染症の症状と予防対策

【プール熱・手足口病・ヘルパンギーナ】夏にかかりやすい子どもの感染症の症状と予防対策

【プール熱・手足口病・ヘルパンギーナ】夏にかかりやすい子どもの感染症の症状と予防対策のタイトル画像

冬の間は風邪やインフルエンザ対策しているママパパも多いと思いますが、夏も子どもの間で流行りやすい感染症があり、それなりの注意と予防が必要です。プール熱・手足口病・ヘルパンギーナなど、夏の感染症の種類や症状、予防方法を知っておきましょう。

目次 プール熱
手足口病
ヘルパンギーナ
夏の感染症のケアと予防のためにできること

プール熱

夏に流行る感染症の代表的なものに、アデノウイルスによって引き起こされる咽頭結膜熱、いわゆるプール熱があります。プール熱のウイルスを持った子どもが、トイレのあと便をちゃんと拭きとれていないままプールに入ってウイルスが広まったり、タオルやおもちゃなどを通した接触感染によって広まります。



主な症状はのどの痛みや高熱、咳、結膜炎です。特に、39℃~40℃の高熱が5日前後続き目の充血をともなっていたら、プール熱を疑いましょう。



予防には手洗いやうがいをしっかりすることが大切です。プールの前後にはちゃんとシャワーを浴び目も洗い、タオルなどの貸し借りも避けましょう。

なぜ夏に感染症が流行るのか、みなさんご存知でしょうか?それは、暑さのために体力を消耗し抵抗力が落ちているからです。抵抗力が落ちると、細菌やウイルスに感染しやすくなります。

手足口病

手足口病は、口の中や手のひら、足の裏などにブツブツした発疹や水泡が出る感染症で、まれに急性脳炎を併発することがあるので注意が必要です。



症状はウイルスの種類によっては、全身に発疹が現れたり高熱が出ることもあります。他の病気と見分けがつきにくいため、高熱や喉の発疹などがあったら子どもの全身を注意して観察しましょう。



症状が治まっても1~2週間は感染力があり、特に便からは2週間~4週間ウイルスが排出されるため、おむつ交換などは気をつけて行いましょう。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナも夏に子どもに多く見られる感染症です。突然の39℃~40℃の高熱と上あごやのどの奥に水泡ができるのが特徴で、手足口病のように手足や全身の水泡は見られません。初期の頃は手足口病と見分けがつきにくく、医者でも判断が難しいことがあります。



のどに水泡ができるので、赤ちゃんではつばを飲み込めずによだれが多くなることもあります。手足口病と同様に、咳やくしゃみ、便などから感染します。ウイルスは数週間排出されるので、おむつ交換などは使い捨て手袋を使うなど慎重に行いましょう。

夏の感染症のケアと予防のためにできること

どの感染症も特効薬はなく、のどの痛みを抑えたり熱を下げる対処療法が中心になります。脱水症状を起こさないように水分を取らせて、涼しく快適な状態でゆっくり休ませてあげましょう。特にヘルパンギーナはのどの痛みが強く飲食を嫌がることが多いので、プリンやアイス、ゼリーなどのどごしの良いものやイオン飲料や与えて脱水症状を起こさないように気をつけましょう。



これらの感染症を予防するには、まめに手を洗う、人混みを避ける、タオルを共用しない、咳やくしゃみが出る時はマスクをする、おむつ替えは注意深く行うなどの点に気をつけましょう。

夏かぜの予防には、免疫力を高めてウイルスの接触を避けることが欠かせません。

子どもの体調が悪そうだったら無理をしない、規則正しい生活をさせるといったことも、免疫力を上げて病気が重くなるのを防ぎます。もしこれらの感染症が疑われ、高熱や子どもがぐったりしている、脱水などの症状があれば、早めに医療機関を受診しましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

k_flower

主人と娘と猫と一緒に暮らしています。趣味は手作り。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【プール熱・手足口病・ヘルパンギーナ】夏にかかりやすい子どもの感染症の症状と予防対策