1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 自主休校を決意しながら感じた、正解がない「子育ての意思決定」の難しさ

自主休校を決意しながら感じた、正解がない「子育ての意思決定」の難しさ

自主休校を決意しながら感じた、正解がない「子育ての意思決定」の難しさのタイトル画像

3月2日に始まった全国一斉休校。わが家はその1週間前から、自主休校&休園をしていました。悩みに悩んだ末に決めた自主休校。今回の件で、改めて「子育てにおける意思決定の難しさ」を痛感しました。


今の状況で通学&通園は難しいと判断


うちには、小4の長男、年長の次男、この春から保育園児の長女と、3人の子ども達がいます。

昨年度の3月2日に全国一斉休校が始まりましたが、その1週間前から、自主休校&休園をしていました。

ですが、その決断にいたるまでには、私自身、とても悩みました。


2月のわが家は、風邪のラッシュでした。

1週目は長男がインフルエンザA型に、2週目に次男がヒトメタニューモウイルス感染症になり、きょうだい間でうつしあい。

さらに3週目には、今度は原因の分からない咳の風邪で、長女がクループに。

2月は丸1ヶ月誰かしらが熱を出し、看病続きでした。


看病をしながら同時に注目していたのが、新型ウイルスのニュースです。

2月に咳の風邪を繰り返しているので、「ここで新型ウイルスになったら困る」と、とても不安になりました。

うちの子どもたちは風邪をひきやすく、喘息の子もおり、今回の風邪では自宅で吸入器を借りることに。

他にも、数多くの食物アレルギーをもっていたり、花粉症があったりもします。

今の状況で子どもたちを学校や幼稚園におくるのは、リスクが高いと思いました。


また、今回のような未知のウイルスにもしかかったら、どうなるのかという心配もありました。

家庭内感染のケースも数多く報告されている新型ウイルスですが、仮に誰かが感染したら、そのときの状況によっては、家族が離れ離れになってしまうかも知れません。

そんなことを想像しただけでも、胸がつぶれる想いです。


私自身にも、喘息があります。

もしかかったら、看病しながら、自分も体を休める……それがどれほど難しいかは、火を見るよりも明らかです。

昼間、熱のある子どもたちの機嫌は最悪だし、夜は眠れなかったり、何度も起きたりします。

熱せん妄体質の子もいるので、実際私にゆっくり休む時間はないでしょう。

考えれば考える程、難しいことで溢れていました。


自主休校を決意しながら感じた、正解がない「子育ての意思決定」の難しさの画像1
pixta_23910177_S.jpg

今しかできない経験を奪うツラさ


一方で、子どもたちは学校や幼稚園に行き、友達と遊びたいでしょう。

3月は、園や学校の行事も目白押しです。

3月生まれの次男は、お誕生会もありました。

卒業を祝う演奏会やお別れ遠足などの行事もあり、新年度にはクラス替え。

「子どもの気持ちを考えれば通わせてあげたい」という思いももちろんありました。

今しかできない経験を奪っていいものか、心が揺れました。


と同時に、長男は小学生ですから、休むとなれば、家庭で勉強をみることになります。

とはいえ、お兄ちゃん大好きの5歳と2歳に囲まれながら、毎日じっくり勉強……なんて、現実味のない絵空事のようにも思えます。


加えて私は、毎日自宅で仕事をしています。

長男が生まれてから在宅で仕事を続けているので、「子どもを見ながら仕事はできない」ということは、身をもって知っています。

パソコンの前に座れば、1分で「ママー抱っこ!」と末っ子が乗ってきますし、他にもなんだかんだと子どもたちに呼ばれるので、ほとんど仕事になりません。

そのため子どもが小さな頃は昼寝の間に仕事をし、昼寝が減り始める2歳以降は保育園に預けて、仕事を増やすようにしていました。

こんな状況で「1人で3人育児をしながら、家事、長男の勉強、普段通りに仕事なんて……できるの!?」と不安になったのも事実です。


このように、子ども達の大切な経験を奪ってしまうかもしれない状況と、自分や家庭の事情・現実との板ばさみで、ジレンマにおちいってしまいました。



自主休校を決意しながら感じた、正解がない「子育ての意思決定」の難しさの画像2
pixta_46636443_S.jpg

健康でさえあれば、いくらでも取り返しがつく


そんなこんなで散々悩みましたが、結局、「健康が一番」と最優先事項を決め、1週間前からの自主休校&休園を始めました。

健康でさえあれば、あとからいくらでも取り返しがつくからです。


こう考えるまで至ったのには、3年前の経験が大きく影響していると思います。

長男は小1だったこの年の6月、マイコプラズマ肺炎で入院し、学校を約3週間休んだことがあります。

初めての入院中は身体の心配ばかりでしたが、無事退院して自宅療養を始めると、今度は「今から友達ができるかな」「授業についていけるかな」と、新しい不安が。

ですが結局それは取り越し苦労で、長男はちゃんと友達もできたし、授業にも自宅や学校での学習でついていくことができました。


そのときに、「健康でさえいれば、後からいくらでも取り返しがつく。生きてさえいれば、何でもできる。健康が一番大切」だと心から悟ったのです。


この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 自主休校を決意しながら感じた、正解がない「子育ての意思決定」の難しさ