「おかーさんの名前、書いたよ」言葉の発達を心配しただけに、母は嬉しかった!のタイトル画像
公開 2020年04月14日  

「おかーさんの名前、書いたよ」言葉の発達を心配しただけに、母は嬉しかった!

24,671 View

ひょんなことから、息子にひらがなブームがやってきました。


>シリーズの最初から読む

半信半疑だった「ひらがなポスター」

「おかーさんの名前、書いたよ」言葉の発達を心配しただけに、母は嬉しかった!の画像1


「きりんはどこかな?」

「りすはー?」

みたいな感じでひらがなよりも「ただ絵を見つける」という超ゆる~いクイズを出していただけ。

それでも、息子は文字をちゃんと覚えていました。

疑ってごめんなさい、ひらがなポスター!!

ひらがなが読めるようになると日常にこんな変化が…

「おかーさんの名前、書いたよ」言葉の発達を心配しただけに、母は嬉しかった!の画像2

言葉の成長がゆっくりで、少し心配だったけど

「おかーさんの名前、書いたよ」言葉の発達を心配しただけに、母は嬉しかった!の画像3


息子は言葉の成長がゆっくりで心配しましたが、彼のペースでどんどん話せるようになっています。

吃音が出たこともありましたし、今でも発音が明瞭ではないときはあります。

おしゃべりは好きみたいだけれど、自分の言いたいことをしっかり言葉にして話せるかと言われれば、十分ではないかもしれません。

でも成長は、人ぞれぞれ。

息子のプレッシャーにならないよう、文字やひらがなに関しては見守っていこうと決めていました。

それだけに今回の成長は特別に嬉しかったです。


「おかーさんの名前、書いたよ」言葉の発達を心配しただけに、母は嬉しかった!の画像4


ルビーが何かは教えましたが、イマイチ腑に落ちない反応(笑)

難しいよね!

でも、知らない言葉もそのまま覚えて楽しそうにしている息子。

面白そうな顔が見られれば、十分だよ。

この調子で楽しんでほしいな。


※ この記事は2023年12月30日に再公開された記事です。

Share!

年の差夫婦と子どもたちのタイトル画像
年の差夫婦と子どもたち #56
 綾乃かずえのタイトル画像 綾乃かずえ