1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 簡単にカフェ風に!脱・ワンパターンで美味しい、カレーレシピ3選

簡単にカフェ風に!脱・ワンパターンで美味しい、カレーレシピ3選

簡単にカフェ風に!脱・ワンパターンで美味しい、カレーレシピ3選のタイトル画像

「どこにでもある材料で、誰にでもできる」お料理レシピをブログで紹介されている山本ゆりさん。レシピ本も大人気です。今回は、ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」より、美味しくて見た目もオシャレなカレーレシピを3つご紹介します。

目次 レンジで一発!こくうま豚バラカレー
ナスと豚しゃぶの煮込まないカレー
ナスと海老のトマトクリームカレー

レンジで一発!こくうま豚バラカレー

簡単にカフェ風に!脱・ワンパターンで美味しい、カレーレシピ3選の画像1


食材は玉ねぎ、豚バラ、以上。

このシンプルさなのに、「え、なんなんめっちゃおいしいやんこれ」ってなります。

煮込んでも炒めてもないのにコクがあり、なんなら玉ねぎの歯ごたえとかいい感じに残る分、余計好きかも。

耐熱ボウル1つで、焦げ付かないから洗い物もめっちゃラクで、加熱中は自由の身。

今までレンジはいつも1~2人分で、「倍量で作る時は?」と聞かれることが多かったので、今回は4人分(表示の4皿分なんで、よく食べるコンビやったら2人分)で作りました。


●材料 (4人分)
・玉ねぎ 1個
・豚バラ薄切り肉 約250g(我が家は約150gの時もあります)
・固形カレールウ 4片
・A 水 約500ml
・A ケチャップ、ウスターソース 各大さじ1(隠し味のためなくてもOK)
・A おろしにんにく、おろししょうが(チューブ) 各2cm
・温かいご飯 丼4杯分

●作り方
1)玉ねぎはできるだけ薄切りにする。豚肉は食べやすい長さに切る。

2)大きめの耐熱ボウル(容量1500ml~)に①とAを入れ(ルウは固形のままボーン)、ふわっと両端を開けてラップをかけ、電子レンジ(600W)で約15分チン。混ぜる。


簡単にカフェ風に!脱・ワンパターンで美味しい、カレーレシピ3選の画像2


●ポイント
・出来立てでも美味しいですが、一度冷ますととろみが増し、もっと美味しくなります。

・もししゃばしゃばなら、ラップをはずして追加で3~4分加熱して煮詰めて。

・どろっとしすぎていたら、お湯を足してのばせばOK

・ひき肉、牛肉、鶏ももどれでもいけます。豚こまだと少し固くなるけど、レンジだからとかじゃなく普通にカレーに豚こまいれて固くなるのと一緒です。


ナスと豚しゃぶの煮込まないカレー

簡単にカフェ風に!脱・ワンパターンで美味しい、カレーレシピ3選の画像3


カレーが食べたかったんですが、お肉がしゃぶしゃぶ用のペランとしたのしかなくて。

一緒に煮込むと固くなるし脂がすごく出るんで、お肉だけを別にゆでて脂を落として添えてみました。

カレーはまさかの玉ねぎしか入ってないんですが、煮込まずフライパンでサッと、ただごはんにかけるタレ感覚で作れるので(何その感覚わからへん)、ナスに限らず好きなトッピングでよかったら作ってみてください。



●材料 (2人分)
・玉ねぎ 1/4個
・バターまたはマーガリン 小さじ1
・おろしにんにく、おろししょうが(チューブ) 各1cm
・A カレールウ 2片
・A ケチャップ、ウスターソース 各大さじ1
・A インスタントコーヒーの粉 少々(あれば)
・B 酒 大さじ2
・B 塩 少々
・豚バラ切り落とし 約120g(後添えなので、好きなだけ)
・なす 小さめ2本
・塩 少々
・ごはん
※あれば半熟卵1個、ドライパセリ適量

●作り方
1)玉ねぎは薄切りにする。フライパンにバターを溶かして玉ねぎ、にんにく、しょうがを炒め、しんなりしたら水2カップを加える。煮立ったら火を止め、Aを加えて溶かし、再び火にかけて混ぜながら好みのとろみまで煮る。

2)ナスは縦に4~6等分する。別のフライパンに水を入れて煮立て、Bと豚肉をいれて色が変わったら取り出す。湯を捨ててサッとふき、サラダ油(分量外)を熱してナスを並べ、塩をふって焼き、取り出す。

3)器にごはんを盛ってルウをかけ、ナス、豚しゃぶ、あれば卵を添え、パセリをふる。



ナスと海老のトマトクリームカレー

簡単にカフェ風に!脱・ワンパターンで美味しい、カレーレシピ3選の画像4


トマト缶を使ったカレーですが、今回はバターもヨーグルトも使ってません。

生クリームも使わなかったので、乳製品は牛乳しかいれてませんがそれでもクリーミーでおいしかったです。

これで動物性の生クリームいれたらどうなってたんか恐ろしいわ。

クリーミーが過ぎる。

ごはんがオシャレかと思いますが、レトルトの十六黒米を使用しています。

たまたま別の料理で使った生クリームがあまってたんで最後にたらしましたが、なければ牛乳とヨーグルトを混ぜたものや、コーヒーフレッシュなどをたらしても。

えびの下ごしらえとなすを焼くひと手間さえ終わればめっちゃ簡単なんで、よかったら作ってみてください。



●材料 (3〜4人分)
・玉ねぎ 1個
・サラダ油 適量
・えび 8尾
・A 片栗粉 大さじ1/2
・A 酒 大さじ1
・塩 ひとつまみ
・カットトマト缶 1/2缶
・水 2カップ
・カレールウ 1/2箱
・B 牛乳 1カップ
・B 砂糖、ウスターソース 各大さじ1
・なす 2本
・ごはん(ここではレトルトの十六黒米) 丼1杯分
※あれば生クリーム適量

●作り方
1)玉ねぎはみじん切りにして耐熱皿に広げ、サラダ油少々をまわしかけ、ふわっとラップをして電子レンジ(600W)で5分ほど加熱する。(フライパンで炒めても全然いいです。ただの時間短縮です)

2)えびは殻をむいて、背に切り込みをいれて背ワタを取り、Aをもみこんだあと、水が透明になるまで洗い流し、水気をとる。(汚れと臭みをとるための作業)

3)フライパンにサラダ油を熱してえびをいれ、両面が赤く色づいたら取り出す。続いて玉ねぎを炒め、塩ひとつまみを加える。薄く色づいたらトマト缶を加え、トマトを木べらでくずしながら5~6分煮て水を加え、煮立ったらいったん火をとめてルーを溶かしいれる。再び火にかけてとろみがついたらえびとBを加え、えびに火が通るまで煮る。味をみて酸味が強ければ「そういうカレー」と思うか、砂糖かみりんを加えて調節する。

4)なすは横に2等分して縦に4等分する。別のフライパンに油を多めに熱してなすをいれ、転がしながら全面焼いて取り出す。器にカレーをもってなすを乗せ、あれば生クリームをまわしかける。


簡単にカフェ風に!脱・ワンパターンで美味しい、カレーレシピ3選の画像5


つい、いつものお肉と、いつもの野菜で作ってしまうカレーライス。

ご紹介したレシピなら、簡単に試せて、普段とひと味違う一皿になりそう。


(編集:コノビー編集部 岡田)





当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 簡単にカフェ風に!脱・ワンパターンで美味しい、カレーレシピ3選