3歳児の絵本の「読み聞かせ」は、お子さんの言葉の能力と感性を育む大切なメソッドです。

また親子がコミュニケーションをとるきっかけとなり、お子さんとの絆を深めてくれるでしょう。

絵本の「読み聞かせ」ができる時期は、意外と短いもの。

文字が読めるようになると、子どもたちが自主的に読んでしまうので、読み聞かせの機会はなかなか持てなくなります。

この大切な時期に、色々なジャンルの絵本をできるだけ多く読み聞かせしましょう。

家族で絵本を楽しむことが、後々のかけがえのない思い出にもなりますよね。