1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3歳におすすめの絵本は?選び方や男の子、女の子に人気の作品をチェック

3歳におすすめの絵本は?選び方や男の子、女の子に人気の作品をチェック(2ページ目)

3歳におすすめの絵本は?選び方や男の子、女の子に人気の作品をチェックのタイトル画像

3歳児になるとボキャブラリーが増え、知識の幅も広がり「なんで?どうして?」と考えるようになります。この時期の子どもには、絵本の「読み聞かせ」が感情や考える力を豊かに成長させることに大きな効果をもたらすとされています。そして、親子のコミュニケーションの大切なツールの1つでもあります。今回は親子で一緒に楽しめるおすすめの絵本を紹介します。


おじいさんが植えたかぶが大きくなり、「うんとこしょどっこいしょ」とかぶを抜こうとしますがなかなか抜けません。

おばあさんや孫、ネズミまで多くの手を借り「うんとこしょどっこいしょ」とみんなで一緒に何度も頑張ってようやく大きなかぶを抜くことができます。

「うんとこしょどっこいしょ」リズミカルなかけ声が心地よく、みんなで力を合わせて頑張った時の笑顔に大満足です。

またかけ声にあわせた登場人物や動物の動きに、思わず応援したくなります。



小学生の頃の教科書に載っていて、子供に読み聞かせるため購入しました。
2歳と4歳の息子と娘が大好きです。
娘はこの絵本を知らないと言っていましたが、一度読むとスッと入ってくる「うんとこしょ、どっこいしょ、それでも
カブは抜けません」と、リスムよく読むことで一回で覚えてしまいます。
今では、兄弟で「うんとこしょ」と言って楽しく読み聞かせています。
絵本に、古いも新しいもないのだなと思いました。
やはり、いい作品はいつまでたっても素晴らしく、子供に受け入れられるのだと思います。

男の子も女の子みんな一緒に笑っちゃおう「もうぬげない」


ふくがぬげない!引っかかっているのか?何度やってもぬげない。

このままぬげなかったらどうしよう…、だれかに助けを求めようか、でもこのままでもいいかな?…おなかも寒くなってきたし…。

いつもの生活の中にあるお着換えを、「ふくがぬげなくなったらどうしよう?このままでは寒いし、でももしかしたら楽しいかも?」などさまざまなシチュエーションをイメージしています。

これから生きていけば、さまざまな困難に出くわすかもしれません。

自分でどう対処するか工夫する力を養うことが大切です。最後は親子で笑える内容になっています。


テレビで、おしっこちょっぴりもれたろうが取り上げられており、ヨシタケシンスケさんの絵本のことを知りました
レビューを見て購入を決めました。
絵のタッチ、思わずクスッと笑ってしまう内容、読後のほんわか感…良かったです。

男の子が大好き宝探し!「おうさまのたからもの」

宝物って何でしょう?すてきな箱に宝物を入れるために王さまは宝探しに出かけます。

でもなかなか思うような宝物が見つかりません。王さまが泣き出してしまうと、森の動物たちがなぐさめに来てくれます。

そんな時また泣き声が聞こえてきます…さて…王さまの宝物は見つかったのでしょうか?

おとぎの国を思わせるようなかわいいイラストが、ストーリーをさらに盛り上げてくれます。

宝探しは簡単ではないけれど、なぐさめに来てくれた動物たちのやさしさを愛おしく思えます。

ほんとうに大切な宝物とは何か、王さまとみんなで一緒に探してみましょう。



この記事を書いた人
クラウドの画像
クラウド

30歳主婦。8歳息子と3歳娘の子育て中です。子育ての合間でライターをがんばっています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3歳におすすめの絵本は?選び方や男の子、女の子に人気の作品をチェック