1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 初節句【ひな祭り・こどもの日】のお祝い、どうする?お祝い方法を紹介

初節句【ひな祭り・こどもの日】のお祝い、どうする?お祝い方法を紹介

初節句【ひな祭り・こどもの日】のお祝い、どうする?お祝い方法を紹介のタイトル画像

赤ちゃんが生まれて、初めて迎える節句が「初節句」です。赤ちゃんが無事に成長することを願う初節句には、思い出になる、心のこもったお祝いをしてあげたいですね。この記事では、初節句とは?という基礎から、男の子・女の子別のお祝いの方法やアイデアなどをご紹介します。赤ちゃんの健やかな成長を願う初節句を、ぜひお祝いしてみましょう。

初節句は、赤ちゃんの健やかな成長をお祝いする日!

初節句【ひな祭り・こどもの日】のお祝い、どうする?お祝い方法を紹介の画像1


赤ちゃんの健やかな成長を願ってお祝いをする節句の日は、女の子は3月3日、男の子は5月5日です。

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を、初節句と言います。

初節句は、赤ちゃんがここまで無事に成長してきたことを、改めて感謝する日。

初節句には赤ちゃんに、ひな人形や五月人形などの、節句の人形を贈る習慣があります。

赤ちゃんの初節句は、成長をお祝いする大切な日です。

家族で集まって、赤ちゃんをお祝いしてあげたいですね。

初節句のお祝いの方法について見ていきましょう。


「節句」「初節句」とは?

初節句【ひな祭り・こどもの日】のお祝い、どうする?お祝い方法を紹介の画像2


「節句」とは、季節の節目となる日のことです。

古い時代には節句の日に、宮廷で伝統的な年中行事が行われてきました。

現代ではそれらのうち、3月3日の「桃の節句」と5月5日の「端午の節句」をお祝いする習慣があります。

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を「初節句」と言います。

女の赤ちゃんならひな人形、男の赤ちゃんなら五月人形や鯉のぼりを贈って、健やかな成長をお祝いします。

赤ちゃんの健康な成長を願って、神社で祝詞をあげていただくのも良いでしょう。

日本には古くから、縁起の良い食べ物で邪気を払うという考え方があります。

初節句のお祝いに、家族や大切な人を招いて食事会をし、みんなで赤ちゃんの健やかな成長をお祝いしてあげたいですね。


女の子の初節句とは?

初節句【ひな祭り・こどもの日】のお祝い、どうする?お祝い方法を紹介の画像3


3月3日、女の子の節句を「上巳(じょうし)の節句」、または「桃の節句」と言います。

一般的には「ひな祭り」として知られています。

女の赤ちゃんが生まれて初めて迎えるひな祭りに、初節句のお祝いをしてあげましょう。

ひな祭りは、女の子の無病息災を願う行事です。

女の子の健康と長寿、そして昔は、幸せな結婚を願ってひな人形を飾る習慣がありました。

伝統的には、ひな祭りに飾るひな人形は、母方の両親が贈るものだそうです。

昔は、嫁に行った娘にはなかなか会うことができませんでした。

そのため、人形を贈ることを口実に、娘や孫に会いに行ったとも言われています。

昔は七段飾りが一般的だったひな人形ですが、最近の主流はコンパクトなタイプが人気です。

三段飾りや親王飾りは、飾る時にも場所をとらず、収納しやすいのもポイント。

赤ちゃんのイメージにぴったりの、素敵なひな人形を準備しましょう。


この記事を書いた人
あいすの画像
あいす

子育て系メディア執筆経験あり、歌とダンスが大好きな娘を持つママライターです。日本では教育系出版社勤務、現在はヨーロッパ在住6年目。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 初節句【ひな祭り・こどもの日】のお祝い、どうする?お祝い方法を紹介