1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 5歳児におすすめのおもちゃは?ごっこ遊びや知育に役立つグッズを紹介

5歳児におすすめのおもちゃは?ごっこ遊びや知育に役立つグッズを紹介

5歳児におすすめのおもちゃは?ごっこ遊びや知育に役立つグッズを紹介のタイトル画像

5歳になると、自分なりにいろいろ試すことができるようになってきたり、お友達と勝ち負けをつける遊びを楽しめるようになってきたりします。与えてあげるおもちゃは、5歳の発達段階に合ったものを選んであげましょう。この記事では5歳の子どもにおすすめしたい、お友達と遊べるゲームや知育玩具などのおもちゃを5つ紹介します。

5歳の子どもにおすすめのおもちゃは?

5歳児におすすめのおもちゃは?ごっこ遊びや知育に役立つグッズを紹介の画像1


5歳ごろの子どもには、どんなおもちゃが向いているでしょうか?

友達との交流が盛んになってきた5歳くらいになると、グループ遊びを楽しんだり、ルールに従って遊んだりするのに加え、自分たちが楽しくできるルールを創造して遊べるようになってきます。

また、登場人物が多い場面や想像上の舞台を設定して、それになりきって演じるごっこ遊びもみられるように。

子どもの心の発達に合わせたおもちゃを選んで、豊かな生活体験を提供してあげましょう。


5歳ごろの子どもはどんな様子?

5歳児におすすめのおもちゃは?ごっこ遊びや知育に役立つグッズを紹介の画像2


5歳のころは、複数人や集団の遊びが好きになる子が増えてきます。

複雑なルールが理解できるようになったり、勝つために工夫して楽しむことも。ゲームの中ではお友達を助けたり、協力しあったりして、一緒に遊ぶことが好きになっていきます。

遊びのルールに従うだけでなく、自分たちでルールをアレンジしたり、1からルールを作ったりすることもあります。

ルール通りの遊び方が面白いかを考え、より面白くできるように改良します。

ごっこ遊びでは、複雑な場面を設定することができるようになってきて、役柄とセリフを決めたロールプレイを楽しめるようになります。

日常生活の場面だけではなく、物語の世界や病院などの普段は行かない場所でも、かなりそれらしく設定して演じられるようです。

それでは、5歳のお子さんにおすすめのおもちゃを紹介していきます。


【友達と楽しめる記憶ゲーム】HASBRO(ハズブロ)サイモン エア


リング状の本体に、赤と青、 黄、緑のライトが付いています。

4色のライトの光る順番を記憶し、プレイヤーも同じ順番で選択することを目指す記憶力ゲームです。

前機種の「サイモン」はライトをタッチする必要がありましたが、「サイモン エア」は「タッチフリーテクノロジー」で本体に触れずに選択が可能に。

2、3個のライトが連続して光る「スワープ」のときは、ライトの少し上を順番通りになでるように手を動かします。

また、同時に2つのライトが点灯する「ダブル」では、同時に指定ライトをエアタッチするなど、少し複雑な動きを要求される場面もあります。

遊び方は3つのモードから選択可能です。

「クラシック」は1ターンごとに覚える色が増えていく初心者向けモード。

「シングル」は、1人プレイでハイスコアを目指します。

「ダブルス」は複数人プレイが前提となっており、「ホールド」や「フォーハンズ」などのさまざまなアクションを、複数人で協力してクリアしていきます。

対象年齢:5歳以上
重量:発送重量581g


懐かしのゲーム、私も子供時代に遊んだ記憶がありますが、懐かしく、思わず盛り上がってしまいました。

ゲーム機やスマホでいろいろ遊べますが、この様な、形を持つものを直接触って遊ぶのは良いものです。

60秒という時間は、ちょうどよいと思います。子供もなれる前は、半分も出来ずに悔しい思いをしていたようですが、繰り返しチャレンジすることによって成功できるようになりました。達成感を得るのに、ちょうどよい難易度が設定されていると思います。

この記事を書いた人
teratokoの画像
teratoko

夫と自営業を営みながら執筆している兼業ライター。好きなことだけ全力投球の長女と、癒し系で頑固な次女の2人を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 5歳児におすすめのおもちゃは?ごっこ遊びや知育に役立つグッズを紹介