1. 総合トップ
  2. >
  3. 初期の離乳食!おすすめの食材やレシピ、食事の進め方を紹介

初期の離乳食!おすすめの食材やレシピ、食事の進め方を紹介

初期の離乳食!おすすめの食材やレシピ、食事の進め方を紹介のタイトル画像

赤ちゃんは母乳やミルクから栄養を摂っています。個人差はありますが、生後数ヶ月経った頃から離乳食を開始し、1歳半前後を目安に大人の食事と同じような形態の幼児食へと移行していくケースが多いようです。離乳食の時期は大きく分けて初期、中期、後期、完了期に分かれています。今回は離乳食初期の食材、調理などのポイント、進め方、おすすめの便利グッズについて紹介していきます。

離乳食はなぜ必要?

初期の離乳食!おすすめの食材やレシピ、食事の進め方を紹介の画像1


赤ちゃんは、成長する上で必要な栄養を、母乳やミルクから摂取しますが、大きくなるにつれ母乳やミルクだけでは栄養が不足してきます。

とはいえ、赤ちゃんが最初から大人と同じ食事を摂ることは難しく、食材の味に慣れ、口を動かす、飲み込む、歯茎で噛むということを時間をかけて練習していく必要があります。

そうした、普通の食事に移行していく期間に食べるものを「離乳食」と言います。

また、離乳食のは以下の段階に分かれています。

・初期:5~6ヶ月頃
・中期:7~8ヶ月頃
・後期:9~11ヶ月頃
・完了期:12ヶ月~18ヶ月頃

赤ちゃんは、食事を通して生活リズムを形成していくといわれています。

初期は、食べ物に興味を示したり素材の味に慣れたりする大切な時期。

だけど、離乳食を始めることに戸惑い、どうしたら良いのか分からないという方も多いですよね。

そこで、この記事では、赤ちゃんの栄養や、離乳食の進め方などをわかりやすく紹介していきます。


新生児、乳児の栄養

初期の離乳食!おすすめの食材やレシピ、食事の進め方を紹介の画像2


生後間もない新生児期、1歳前の乳児期の赤ちゃんにとって大切な栄養源は、母乳やミルク、そして幼児食の前段階、移行期である離乳食です。

離乳食が始まる赤ちゃんは、それまで母乳やミルクから得ていた栄養を食事から摂っていく練習をします。

赤ちゃんの身体を形成していく上で必要な栄養素とは何なのでしょうか。

それは、大人と同じ、頭と体を動かすエネルギー源「炭水化物」、体の血や肉をつくる「タンパク質」、体の調子を整えて免疫力を高める「ビタミン」「ミネラル」です。

赤ちゃんの月齢が上がり離乳食が進んでいくと、母乳とミルク、離乳食の1日に摂取する比率が少しずつ変わっていきます。

成長に合わせて少しずつ栄養バランスも考えていくことになりますが、初期で大切なことはまず食事に慣れること。

赤ちゃんが戸惑うことのないようにしましょう。


離乳食を始める時期

初期の離乳食!おすすめの食材やレシピ、食事の進め方を紹介の画像3


離乳食を始める目安とされているのが、生後5~6ヶ月頃。

一般的には、「離乳食初期」とはこの時期を指します。

しかし、これはあくまでも目安ですので、赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんのペースに合わせて始めるようにしましょう。

赤ちゃんのどのような姿が見られたら離乳食を始めるべきなのでしょうか。

一つ目は、首がしっかりとすわっていて、大人が支えれば座ることができること。

二つ目は、大人が食事をしている時に、食べ物に興味を示して触ろうとしたり、口を開けたりするような姿が見られること。

三つ目は、スプーンを口に入れた時に嫌がったり舌で押し出したりしないこと。

これらの姿が見られたら、離乳食を始める合図と考えて良いでしょう。

食事環境も赤ちゃんにとって大切なもの。

ゆっくりと落ち着いて食事をとることができるように、環境作りにも目を向けてくださいね。


この記事を書いた人
teratokoの画像
teratoko

夫と自営業を営みながら執筆している兼業ライター。好きなことだけ全力投球の長女と、癒し系で頑固な次女の2人を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 初期の離乳食!おすすめの食材やレシピ、食事の進め方を紹介